楽な仕事は人それぞれ!自分の「楽」を探してみよう!

楽な仕事、と聞くと、どの様な仕事を思い浮かべますか?パッと思いつく仕事は、人によってそれぞれ違うと思います。楽な仕事、というのは、人によってそれぞれ違いがあるのです。

転職を考える人の中には、今までの仕事が大変だったので、もう少し楽な仕事をしたい、という思いから転職を考えている人もいます。今よりも楽な仕事をしたい、というのは、転職の理由の中でもポピュラーな理由です。

ただ、楽な仕事は人それぞれ違います。一般的に楽だといわれている仕事でも、実際についてみたら自分に合っていない仕事だったり、大変な仕事だったりする事もあるのです。

そこで、自分にとって楽な仕事を見つける方法を紹介します。探し方だけでなく、具体的な仕事の例も紹介しますので、転職の際は参考にして下さい。


楽な仕事探しのヒントは自分の「嫌い」な事!?

自分にとって楽な仕事を探す時、多くの人は自分の好きな分野や得意な分野から探す事が多いです。しかし、本当に楽な、ストレスのない仕事を探したい場合は、好きな事や得意な事よりも、嫌いな事を基準に探した方が上手く行く事が多いのです。

どうして嫌いな事が仕事探しのヒントになるのか、それを使ってどうやって仕事を探すのか、という事を解説していきます。

人によって楽な仕事は違っている

人によって楽な仕事、というのはそれぞれ違います。例えば、人付き合いが苦にならない人にとって、接客業は楽な仕事になります。しかし、人付き合いが苦手な人にとっては、接客業はとても辛い仕事です。

  • 得意な事
  • 好きな事
  • 体力
  • 集中力

等、それぞれが持つ特徴によって仕事に向き不向きがある様に、仕事の大変さも個人によって違いがあるのです。

その為、

  • 一般的に楽だといわれている仕事
  • 仕事内容が簡単な仕事

でも、実際に就いてみるとそうではない場合も多いのです。

自分にとって本当に楽な仕事を探すには、自分の特性から分かる特徴を押さえ、それに沿って仕事を探さなくてはならないのです。

嫌いな事から分かる楽な仕事

自分の特性を知り、それから仕事を探す、聞くと、難しく感じてしまうかもしれません。しかし、楽な仕事探しで重要な特性は、たった一つです。

それは「これだけは絶対にやりたくない位嫌いな事」という点です。

大変な事や面倒に感じる事は、人によって違います。その人の性格や能力によって、得手不得手が生まれているのですから、当たり前と言えば当たり前です。

仕事で良く行われる作業の内、苦手な人が多い代表的な作業だと、

  • 体を激しく動かす作業
  • 神経を使う、細かな作業
  • 気配りや思いやりが必要になる作業
  • 早く、正確な動作を求められる作業
  • 臨機応変な対応が必要な作業
  • 同じ動きを延々と続ける作業

等があります。多くの人が苦手とする作業だけでも、かなりの違いがあるのです。

また、仕事内容だけでなく、仕事の待遇や仕事環境からも、自分の嫌な事を見つけておくと、より楽な仕事を選べるようになります。

  • 人間関係の構築や維持が苦手
  • 収入が不安定だとストレスが溜まる
  • 自分の仕事をちゃんと評価されないと辛い
  • 仕事に関する時間が長いとストレスを感じる
  • 厳しい規則や、細かい規則が嫌い

等、待遇や仕事をする環境の中にも、苦手を感じる要素は存在しています。

  • 仕事内容
  • 仕事環境や待遇

の2つの項目に注目し、これだけはやりたくない、我慢できないという条件を見つけておきましょう。

仕事探しの時は、自分が見つけた嫌いな要素を含んでいない業種や求人を見つけていきます。その中から、自分に向いている仕事、やりたい仕事を探せば、自然と自分にとって楽な仕事を見つけられるようになるのです。

嫌いな事別で分かる楽な仕事はこれだ!

仕事の探し方が分かっても、具体的な例は必要ですね。多くの人があげる仕事の嫌な条件から分かる、楽な仕事の代表例も併せて紹介していきます。

人間関係が嫌

人間関係が嫌な人は、人との関わりが少ない仕事を選びましょう。

具定例としては、

  • 警備員
  • 駐車場管理人
  • 配達・配送関係

等が代表的な仕事です。

この他、業務内容にある程度左右されてしまいますが、

  • システムエンジニア
  • フリーライター
  • デザイナー

等、ある程度技術を得れば独り立ちできるタイプの仕事も、人との交流を最小限に抑える事ができます。

この他、

  • 工場
  • 清掃関係の仕事

等も人との関わりが最小限である仕事として紹介されている事もあります。

しかし、仕事環境によっては、人間関係が複雑な所もある為、仕事内容や働く環境に注意して選ぶ必要があります。

責任やノルマが嫌

責任やノルマがある仕事が嫌な場合は、

  • 簡単な仕事
  • ルーチンワークでできる仕事

等が楽に感じられる人が多いです。

具体的な仕事でいうと、

  • 工場でのライン作業
  • セルフのガソリンスタンド

等が当てはまります。

この他、お客さんの来店が少ないお店や施設なら、

  • 受付業務
  • 接客業

も条件に当てはまる場合があります。

受付や接客業の場合、お店や施設によってはノルマがある場合もありますので、しっかり確認しておきましょう。

自分のペースで出来なきゃ嫌

自分のペースで仕事をしたい人は、

  • 職人
  • 農業
  • タクシーや貸し切りバス等の運転手
  • フリーランスでできる仕事

が向いています。

企業や仕事状況に振り回されずにできる仕事を選びましょう。これらの仕事は、自分で仕事のペースを決められる分、収入や仕事の計画も自分で決めなくてはなりません。

自分で何もかもやる事になっても大丈夫かどうか、という点もよく考えて仕事選びをしましょう。

考えたり、勉強したりするのが嫌

考えたり、勉強したりするのが嫌なら、

  • 資格がなくてもできる仕事
  • 単純作業が中心の仕事

がおすすめです。

具体的には、

  • コールセンターのオペレーター
  • 品質管理の仕事

等が当てはまります。

  • 仕事に必要な資格がない
  • ある程度マニュアルが用意されている事が多い

といった仕事を選ぶと、楽な仕事を見つけやすくなります。

残業が嫌

残業や拘束時間が長い仕事が嫌な場合は、それらの無い仕事を選びましょう。

  • 事務職
  • 司書
  • 施設管理の仕事
  • 一部の公務員

これらの仕事は、残業が無い企業や施設が多いので、狙い目です。出来るだけ自分の家に近い所を選べば、通勤時間による拘束も最小限に抑えられます。

仕事によっては特定の時期にだけ残業がある場合もあります。応募や面接の際に、残業が無いかしっかりチェックした上で応募するようにしましょう。

人によって楽な仕事も嫌いな仕事も違う。自分は何が楽なのかを知ろう

人によって辛い事が違う様に、楽にできる仕事も違います。まずは自分にとってどの様な仕事が楽な仕事なのかを知る所から始めましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る