リファレンスチェックとは転職の重要要素。目的を知ろう

外資系企業の情報を集めていると、リファレンスチェックという言葉を耳にする事があるかもしれません。転職の際、実際にリファレンスチェックをしていいかどうか、確認を取られた人もいるでしょう。

リファレンスチェックは、採用の合否に深く関わる重要な要素です。このチェックを通らなかった場合、内定が取消になってしまう可能性もあるのです。

リファレンスチェックを安全に通るには、リファレンスチェックの意味や目的を知っておく必要があります。また、チェック内容を知っておけば、採用試験の時にある程度対策をしておく事も可能です。

リファレンスチェックの目的ややり方を解説しますので、外資系企業の採用試験を受ける人は、参考にして下さい。

リファレンスチェックとは採用者の調査の一種。意味や目的を知っておこう

リファレンスチェックはあまり日本では行われません。主に外資系企業が行う事が多い調査です。その為、リファレンスチェックに関する知識がある人は、あまりいません。まずは基本的な内容を押さえておきましょう。

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは、企業が採用者に行うチェックの事です。企業が応募者の前職にいる同僚や上司に、応募者の事について問い合わせをします。

問い合わせ内容は、人柄や仕事に関する内容が多いです。これは、実際に一緒に働いた人の声を基に、採用試験の合否を決めている為です。

リファレンスチェックは主に外資系企業で行われる事が多かったのですが、最近では日系企業でもリファレンスチェックを取り入れている所が増えています。

リファレンスチェックをする目的

リファレンスチェックを企業が行う目的は、

  • 信用調査の一環
  • 採用者の詳細な人柄や働きぶり

等を調べる為に行っています。

リファレンスチェックは、

  • 履歴書や職務経歴書の内容
  • 面接等で話した内容

に間違いや嘘が無いかを調べる為に行っている場合が多いです。

前職に問い合わせをする事で、これらのない様に嘘や間違いないかを確認します。場合によっては『本当にその企業に就職していたのか』という点から調べている時もあります。

嘘や誇張をする人とは一緒に働く事は難しいです。こうした明らかに信用できない人を採用からはじく目的で、リファレンスチェックを行っているのです。

また、履歴書や採用試験の内容だけでは、実際に働いた時の様子は分かりにくいものです。これが分かるのは、実際に一緒に働いた人だけといってもいいでしょう。企業にとって、実際の働いた姿、というのは欲しくても得にくい情報といえます。

この、実際に働いた姿を知る為に、リファレンスチェックをかけている場合もあります。前職の人から人柄や働きぶりを聞き、それを基に採用の合否を出す、という訳です。

リファレンスチェックで判断されるのは、人柄や働きぶりだけではありません。

  • リファレンスチェックに指定した人物
  • 指定した人物がリファレンスチェックに応じてくれるかどうか
  • リファレンスチェックに応じてくれた人からの評価

といった情報から、応募者の人間関係を構築する能力を調べている場合もあります。

リファレンスチェックのやり方

リファレンスチェックのやり方は複数あります。

  • 応募者にリファレンスチェックの許可をもらい、直接企業にヒアリングする
  • 応募者にリファレンスチェック先を指定してもらい、指定先の人に書類記入・提出をしてもらう
  • 第三者機関にリファレンスチェックの依頼をする

企業によって採用しているやり方が違います。

企業のやり方によっては、

  • リファレンスチェックの許可
  • リファレンスチェックを行う人の指定

等を応募者がする必要がある場合もあります。

リファレンスチェックの許可や指定がある場合でも、慌てずに対応しましょう。

リファレンスチェックは内定にも関係がある。質問内容や注意点を知っておこう

リファレンスチェックは採用試験の合否にも深く関わる要素です。実際にチェックをされた時に慌てないようにするためにも、質問内容や注意点を知っておきましょう。

チェックのタイミング

リファレンスチェックは、企業によって違います。

体採用通知書をもらう前後に行われる事が多いです。採用したい人や、採用した人が、自分達と円滑に働けるかどうかを調べる調査ですから、当たり前と言えば、当たり前のタイミングです。

企業によっては、選考途中でも行われる場合があります。面接試験等のタイミングでリファレンスチェックの許可や指定を求められたら、それはほぼ内定が決まっている状態とみて良いでしょう。

チェック時に聞かれる内容

リファレンスチェックでは様々な事を聞かれますが、大体聞かれる内容をまとめると、以下の様になります。

  • 応募者との関係
  • 応募者と仕事をした期間
  • 応募者の人柄、性格、素行
  • 応募者の勤務状況
  • 応募者が実際に勤務時の様子
  • 応募者の退職理由
  • 応募者の学歴や職歴
  • 応募者の実際に習得しているスキル

こうして一覧にすると、実に様々な内容について聞かれている事が分かります。

  • 採用後の部署
  • 業務内容

等によっては、これにまた追加で質問がされる場合があります。

チェックの結果によっては、内定に影響も

リファレンスチェックは、応募者の信用を調べる調査でもあります。その為、採用試験で得られた情報とリファレンスチェックの内容が大きく食い違っている場合は、合格や内定を取り消される可能性があるのです。

  • 経歴の詐称
  • 職場内で起こしたトラブルや問題行動
  • 仕事に対する評価が悪い
  • 採用試験の時に明らかに嘘をついていた

事が分かった場合は、合格や内定をもらっても無効にされてしまう可能性が高いです。

当たり前ですが、履歴書等の応募書類や、面接等で話す内容には嘘や誇張は入れないようにしましょう。

この他、転職活動をしている場合だと、転職する事を隠しながら働いている場合もあります。この様な場合は素直にその旨を応募先の企業に伝えるようにしましょう。

転職する事を隠している事を伝えておかないと、今働いている企業にも、応募先の企業にも迷惑をかけてしまう事になります。相談すれば、解決策が見つかる場合もあります。転職を隠している場合は、素直に伝えるようにしましょう。

リファレンスチェックは内定に深く関連する調査。どういう内容をチェックするか知っておこう

リファレンスチェックは内定に深く関わる調査です。チェックの意味や内容をよく理解し、採用試験の時点から気を付けておくようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る