料理嫌い克服のカギは簡略化!簡単テクをマスターしよう!

家事の中でも代表格の料理ですが、

  • 工程が多い
  • 準備や後片付けが大変

等、苦手意識を持つ人が多いです。

家族の為に料理を頑張りたいけど面倒くさい、料理嫌いを克服したい、と感じている方も少なくありません。では、料理嫌いを克服するには、どうしたらいいのでしょうか。

料理嫌いはどうしたら克服できるのか、料理嫌いでも簡単に料理ができるようになるテクニックを紹介します。


料理嫌いの克服ってどうしたらいいの?

料理ができない人はもちろん、料理が出来る人の中にも結構いる料理嫌い。これを克服するにはどうしたらいいのでしょうか。まずは料理がどうして嫌いなのかを分析する必要があります。自分がどうして料理が嫌いなのか、ちょっと考えてみましょう。

料理嫌いは意外と多い

まず、料理が嫌い、苦手な人は男女問わずいます。料理が得意な人や、人に料理を出すのが仕事の人の中にも、料理嫌い、特に家庭で料理をするのが苦手な人は結構いるのです。

料理が嫌い・苦手だからといって自分を責めてしまう人もいますが、まずは料理が嫌いな人が結構いる、という事を意識してみましょう。料理嫌いや料理が苦手な自分を責めるあまり、料理に対する苦手意識が強まっている場合も多いからです。

そもそも、家庭料理は

  • 自分で食材を用意する
  • レシピに従って調理する
  • 献立に合わせて複雑な作業を並行して行う
  • 使用後の調理器具やお皿を洗う

等、複雑な工程をクリアしていかなくてはならない、面倒くさい物です。嫌いな人や苦手な人がたくさんいても、不自然ではありません。料理嫌いな人はたくさんいるんだ、と気持ちを軽くする事から始めましょう。

まずはどうして料理が嫌いなのかを考えよう

料理嫌いな人が結構いる事を理解したら、次に取り掛かってほしいのが『どうして自分は料理嫌いなのか』の分析です。具体的に料理の嫌いなポイントを知る事が出来れば、そのポイントをどうやってクリアすればいいか考えられるようになります。

料理は複雑な工程をクリアしていかなくてはならない家事です。料理が嫌い、と一口に言っても、様々な原因があります。

例えば、

  • 買い物に行くのが面倒
  • 献立を考えるのが苦手
  • レシピの読み取りや、レシピ通りの行動が苦手
  • 並行して色々な作業が苦手で、それが料理の出来栄えにも影響する
  • 後片付けが面倒、洗い物が嫌い

よくある料理嫌いの理由だけでも、これだけの理由があるのです。

嫌いな理由がたくさん並んでいるのを見るとげんなりしますが、この中から自分の嫌いな理由を見つける事が出来れば、料理嫌いでも料理への苦手意識等を軽減する事が出来るようになります。

嫌いな要素をいかに簡単に済ませるテクニックを学ぶ

料理が嫌いな理由が分かれば、その理由を克服できるようになります。

料理嫌いな人はたくさんいます。中には、自分が嫌いな理由を分析し、その嫌いな部分の負担を克服できるテクニックを生み出している人もいるのです。苦手な理由が分かれば、その人達と同じ様に、苦手な部分をテクニックで改善していく事ができます。

料理が嫌いな理由が具体的に分かれば、数多くあるテクニックの中から、自分に合ったものを選びやすいという利点もあります。

料理の手間を最小限に留めるテクニック

次に、料理嫌いの人があげる理由の中でも多い

  • 食材や献立の準備
  • 調理の手間
  • 後片付け

の負担を軽減するテクニックを紹介します。こちらで紹介するテクニックはほんの一例です。この他にも使えるテクニックはたくさんありますから、自分に合ったものを探してみて下さい。

食材の準備や献立を考えるのが面倒な場合

食材の準備や献立を考えるのが面倒な場合、

  • カット済み野菜等、ある程度処理された食材を使う
  • 生協等の食材宅配サービスを活用する

といったテクニックを使うと、食材の準備や献立を考える手間を軽減できます。

スーパーやコンビニでは、

  • カット野菜
  • 味付け等があらかじめされた食材
  • 数個の食材を用意すればできるインスタント調味料

等、調理工程をある程度省く事が出来る食材がたくさん販売されています。これらの食材を軸に買い物や献立の考案を行えば、買い物や献立を考える手間を軽減できます。

  • そもそも家の外に行くのが面倒くさい
  • 献立をほかの人に考えて欲しい

という人におすすめなのが、生協やネットスーパーの定期的な食材配達です。食材が自宅にそのまま届くので、買い物に行く必要がありません。定期便で届く食材をある程度決めていても、追加注文も可能です。

こうした食材の定期便には、配達される食材を使った献立の例等も一緒にもらえる場合があります。ネットにも公開している事が多いので、献立をわざわざ考える必要がありません。買い物や献立を考える時間があまりない人にもおすすめです。

調理の手間が面倒な場合

調理の手間が面倒な場合も、カット野菜や食材の宅配を活用するとある程度手間を軽減できる場合があります。

これに加えて

  • 野菜や肉をあらかじめ切って冷凍しておく
  • ある程度調理した状態で保存しておく
  • インスタント食品に調味料を足す

といったテクニックもおすすめです。

野菜やお肉、魚は冷凍保存できるものが多く、調味料を合わせて作った調味液やソースに付けておけば、それだけで一品できてしまいます。安い日に食材を大量に購入しておいて、全部処理済みの状態で冷凍しておけば、後はそれを温めるだけで済みます。

日持ちしない食材に神経を使わずに済むので、食材の管理が面倒くさい人にもおすすめです。

どうしても料理をしたくない場合は、インスタント食品に頼る事も考えましょう。無理に料理をしても、苦手意識が強くなるだけです。疲れている時は、自分の負担を軽減する事を第一に考えて下さい。

インスタント食品は味気ない、と感じる人は多いですが、

  • ごま油
  • ニンニク・しょうがチューブ
  • 七味唐辛子
  • ウスターソース
  • オイスターソース

等の調味料を少し足すと、家庭料理とほとんど変わらない味にする事が出来る物も多いのです。

インスタント食品をそのまま食卓に出す事に抵抗がある場合は、これらの調味料で味にアクセントをつけるといいでしょう。

洗い物が面倒な場合

洗い物が面倒な場合は、出来るだけ食器や調理器具の使用を少なくする料理を作るようにすると、負担を軽減できます。例えば、ホイル料理はホイルに食材を包んで調理するので、調理器具やお皿が汚れるのを最小限に防ぐ事ができます。

この他、

  • フライパン等を使う場合、クッキングシートの上で調理をする
  • 食材にお皿を乗せてオーブンにかける

といったテクニックもおすすめです。

クッキングシートを使えば汚れはクッキングシートにつきますから、そのままシートを捨ててしまうだけで洗い物が済みます。余分な脂も吸い取ってくれるので、ヘルシーな調理が可能です。

食材を並べたお皿をオーブンに入れれば、後は焼きあがった食材をそのまま出すだけで済みます。フライパンやお皿を使わずに調理ができるので、その分洗い物を少なくできます。

レシピサイトの中には、調理器具等を極力使わないで調理するレシピも多数ありますので、こうしたレシピを活用するのもおすすめです。

料理嫌いは克服できなくても大丈夫!

料理嫌いな人は多く、様々な理由があります。その分料理の負担を軽減するテクニックもたくさん開発されているのです。料理嫌いな自分を嫌わず、簡単テクニックに挑戦してみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る