仕事中の暇な時間を活かそう!空き時間を活かす仕事術

仕事中は忙しいだけでなく、暇になってしまう時もよくあります。仕事がうまく進んでしまった時や、本来するべき業務が無くなってしまった等、色々な理由で仕事が暇な状態は作られます。

こんな時困ってしまうのが「やる事がない」という事。

仕事に追われながら過ごすのもつらいですが、何もない状態で過ごすのもまた、つらい思いをしますね。こんな時は、いったい何をすればいいのでしょうか。

今回は、仕事が暇なときにこそできる、有益な時間の使い方を紹介します。こちらの内容を活かして、仕事中の暇な時間を有意義に過ごして下さい。


仕事中、暇な時間が出来てしまう事はよくある

仕事中、暇な時間が出来てしまう事はよくあります。こんな時は一体どうすればいいのか分からない、という方も多いです。仕事が暇な時は、一体どのような過ごし方をすべきなのでしょうか。

仕事中は、意外と暇な時間が出来てしまう

仕事中は忙しいだけでなく、暇な時間が出来てしまう事もよくあります。

  • シーズンごとに忙しい時と暇な時があり、今は暇な時期だ
  • 仕事が上手くいき、思いのほか早く進んでしまい、やる事が無くなってしまった
  • 取引先がこちらに来て仕事をするはずだったが、予定が変わり仕事がなくなってしまった

これはほんの一例ですが、この様に、仕事中に暇な時間が出来てしまう事はよくあるのです。

暇とはいえ仕事中ですから、プライベートの様にダラダラと過ごす訳にはいきません。かといって、忙しい時の様に仕事をする事もできません。しかし、暇な時間を活かす事が出来れば、より仕事を充実させる事が出来るようになるのです。

暇な時間こそ、自分の力を伸ばすチャンス

仕事が暇な時を有意義に過ごすには「自分の力を伸ばすにはどうしたらいいか」という事を考えながら過ごす事をおすすめします。

実は暇な時間でも、出来る事はたくさんあります。時間がたくさんある分、普段やりたくてもできない事や、やれない事を行う事が出来るのです。

仕事中の空いた時間を普段や忙しい時にために活かす仕事術を覚えれば、暇な時間も有意義に過ごせるようになります。

仕事中の空いた時間を活かす仕事術

仕事中に暇になった時は、以下の仕事術を行うと有意義な時間を過ごす事ができます。どれも普段や忙しい時の自分を助けてくれるものばかりです。

暇な時間を見つけてはこちらの作業に集中する習慣を身につければ、より仕事がしやすい環境を整える事も可能です。まずは挑戦する事から始めていき、慣れてきたら習慣として身につけていきましょう。

デスクや自分が利用する空間の整理・清掃

時間がある時にデスクや自分のロッカー等を整理・清掃する習慣を身につけると、仕事のしやすい環境を整える事ができます。

デスクやロッカーの整理を怠っていると、

  • 使わない資料や私物で中が圧迫される
  • 仕事に必要な資料がゴチャゴチャになり、いざという時に使いにくい状態になる
  • 資料や仕事道具の破損

等、仕事をするスピードや精度を妨げやすい状態になってしまいます。

これを避ける為にも、仕事中に時間ができた時には、デスクをはじめとした自分が使用するエリアの整頓を心がけましょう。

また、整理だけでなく、清掃も大切です。

仕事で使う資料や道具をしまう場所が汚れていると、

  • 仕事の資料や道具の汚損
  • 汚れた部分を目にする事によるモチベーションの低下

等のデメリットが発生します。整理と一緒に清掃も行うようにしましょう。

整理や清掃はいきなり全て片付けようとしてもうまくいきません。空き時間に合わせて、出来る範囲で行うようにして下さい。

例えば、

  • 30~1時間程度の時間ができた時は、仕事で使う資料のファイリングやデスクやデスク周辺の掃除
  • 数分程度の時間ができた時は、デスクの上の片付けやデスクの水拭き

といったように、時間に合わせてやる内容を調節しながら行うと、無理なく自分の使っている場所をきれいにできます。

マニュアル作成

仕事中に余暇ができた時は、仕事内容の復習もおすすめです。その中でも、どの仕事でもできるのが、仕事内容のマニュアル作成です。

仕事内容をそれぞれ細かい手順に分け、それをマニュアルとして文章に直していきます。仕事内容を思い出しながら文章にする事で、仕事内容の復習ができるのです。

マニュアルを作る方法は、

  • メモに書く
  • スマホのメモ帳機能を使う

等、どの様なやり方でも構いません。

このマニュアル作成のポイントは「できるだけ仕事の細部まで思い出す事で、仕事内容を再確認する」事なので、出来るだけ細かく、丁寧に作成する事を心がけて下さい。マニュアル作成をしていて分からない部分や抜けがあった時は、積極的に調べましょう。

仕事で使うツールや資格の勉強

マニュアル作りと並行してやる事もできるのが、仕事で使うツールや、仕事に関係する分野の資格を勉強する事です。

  • 仕事で使うツールやアプリを改めて勉強する
  • 普段使っているツールやアプリの便利機能や仕組みを理解する
  • 仕事に関係する分野の勉強・復習
  • 仕事をする上で持っておくと便利な資格の勉強

会社や業務内容によっては難しい物もありますが、こうした仕事に関連したツールや資格の勉強は、仕事中の暇な時間を有効活用するのにぴったりです。仕事で使うツールや資格の理解を深め、仕事に活かす事が出来れば、普段の仕事をより良い物にする事ができます。

仕事で使っているツールや資格の技能というのは、主に通常の業務で使う部分ばかり修徳してしまいがちです。しかし、仕事をこなしていれば、普段とは違う操作や仕事を求められる事もあります。

こうしたイレギュラーな事態にも落ち着いて対応できるよう、暇な時間に普段の仕事で使わない部分に対する理解を深めておく事は、とても大切です。こちらもマニュアル同様、分からない部分があれば積極的に調べ、理解を深めましょう。

仕事中の暇な時間こそ、自分の能力を伸ばすチャンス

仕事中に暇な時間ができてしまうと、何をしたらいいか分からなくなりがちです。しかし、この暇な時間は、自分の仕事に対する能力を引き上げるのにもってこいの時間なのです。

仕事中に暇な時間ができた時には、紹介した仕事術にぜひ挑戦してみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る