仕事でイライラしたらこれを試して!イライラ解消法6選

仕事は多くの人達と関わりながらこなしていくものです。その為、イライラしてしまう事に遭遇する機会もたくさんあります。イライラしながら仕事をするのは、出来れば避けたいものですね。

また、仕事中に発生したイライラが、家に帰る間や休日中にぶり返してしまう、という人も多いです。せっかくのプライベートな時間なのに、仕事のイライラに邪魔されてしまうのはつらいですね。

損な仕事のイライラは、出来るだけ解消してしまうのが一番です。仕事中のイライラと、長引くイライラを沈めるテクニックをまとめましたので、イライラに悩んでいる人は参考にして下さい。

仕事でイライラした時、とりあえずやってみて欲しい解消法3選

仕事中にイライラを感じてしまい、どうにかしたいという人に試してほしい方法を3つ集めました。イライラが仕事へ影響しないよう、すぐにでも落ち着かせたいと感じたら、ぜひ試してみて下さい。

深呼吸をする

深呼吸には心と体をリラックスさせる効果があります。イライラした時に働く交感神経を沈め、リラックスした状態を作り出す副交感神経を活発にしてくれるのです。

また、深呼吸をする際、息を吸い、吐く動作に集中しながら行うと、イライラや怒りの感情を落ち着かせる事ができます。

人の感情は連続して感じられる時間が決まっています。その中でも、怒りは6秒間ととても短い時間なのです。

イライラしたり、怒ったりすると、いつまでもその状態が続いてしまう人もいますが、これはこの6秒間にその感情を再認識してしまう為に起こっています。これを防ぐには、イライラや怒りとは別の所に目を向ける必要があるのです。

深呼吸をする事に集中すれば、息を吸い、吐く動作に自然と集中するようになります。最初は落ち着かないかもしれませんが、落ち着くまで深呼吸をしていると、いつの間にかイライラや怒りが落ち着くようになるのです。

深呼吸は場所を選ばずにできる行為でもあります。イライラを感じたら、まずは深呼吸で冷静な状態を取り戻してみましょう。

席を立ってトイレ等に行く

  • 強いイライラが治まらない
  • 長い間緊張状態になっていた

という状態で、イライラがどうしても治まらない時は、その場から移動しましょう。

緊張状態やイライラが高まった状態の時に、それを感じた場所に居続けると、イライラが持続しやすい状態になってしまいます。

これを避けるには、体を動かし、イライラを感じた所とは別の場所に移動する事で、イライラから心と体を離してあげるのが効果的です。

トイレの様に、ある程度一人になれる場所があるなら、そこへ移動しましょう。

移動後もイライラが治まらないようなら、深呼吸をしたり、軽いストレッチをしたりしてみて下さい。体を動かして、心にこびりついたイライラを剥がしてあげましょう。

ガムを食べる

食べ物を食べられる環境なら、ガムを食べるのもおすすめです。

ガムを食べると顎の筋肉が伸び縮みします。この筋肉の刺激が、脳にリフレッシュ効果を与えてくれるのです。イライラして物に当たりそうになった時も、ガムを思いっきり噛めば物に当たる必要もありません。

特におすすめなのが、

  • ミント
  • 柑橘系

のフレーバーが付いているタイプです。

ミントには香りの刺激によって怒りを忘れさせる効果があります。イライラを沈める手助けをしてくれるのです。強いイライラを感じた時は、ミント系のガムでリフレッシュしましょう。

柑橘系の香りは心の不安や緊張を解きほぐし、安心感を生み出してくれます。緊張する場面や、精神的に落ち着かない状態によってイライラする場合は、柑橘系のフレーバーを楽しめるガムを食べてみて下さい。

仕事のイライラがいつまでも続く!そんな時の解消法3選

仕事中のイライラは、仕事中だけでなく、その後のプライベートな時間にまで影響が出る場合があります。仕事が終わってもイライラが治まらない場合は、以下の方法を試してみて下さい。

大声で叫べる環境で思いっきり叫ぶ

仕事中は難しいですが、大声を出すと人はすっきりできます。仕事が終わった後もイライラしているようなら、大声で叫べる環境に行き、思いっきり叫んでみましょう。

大声で叫んでも問題無い環境としては、

  • カラオケルーム
  • スポーツ観戦
  • ライブ会場

等が当てはまります。

歌を歌ったり、大声で思いっきり応援したりと、思いのままに大きな声を出してみて下さい。満足するまで騒いだら、イライラしていた事を忘れ、すっきりとした気持ちになっているはずです。

この他、

  • 浜辺や海の近く
  • 誰もいない川辺

等も、大声を出しやすい環境です。ただ、人の目につく場合もありますので、その点はご注意ください。

何も考えずに全力で体を動かす

イライラや怒りは心の動きです。これが長引く状態というのは、心の動きに集中しすぎて、心と体のバランスが崩れ始めているサインでもあります。バランスを取り戻すには、今まで目を向けていなかった、体の動きに集中する必要があります。

イライラしてどうしようもない、という時は、何も考えずに、体の動きに集中しながら、全力で運動してみましょう。運動が出来る、出来ないは気にせず、とにかく自分の体を動かす事と、体の動きに集中して下さい。

運動はどんな物でもいいですが、

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ボクシング
  • サイクリング
  • 縄跳び(エア縄跳びでも可)
  • 踏み台昇降運動

等の、有酸素運動がおすすめです。

イライラ解消目的で運動する場合は、運動する時間に特に決まりはありません。

  • 自分が楽しんでできる時間まで
  • イライラを忘れられるまで

等、自分の気持ちがすっきりするまで動ければいいのです。

運動で全身の血行が促進されると、頭への血流も良くなり、意識がハッキリした状態になります。イライラだけでなく、モヤモヤした感情に囚われた時にも運動は効果的なのです。

話を聞いてくれる人に愚痴を聞いてもらう

  • イライラの原因が人間関係
  • 自分の気持ちを吐き出せなくてイライラする

という場合は、自分の話を聞いてくれる人に愚痴を聞いてもらいましょう。

人間関係や、自分の気持ちを吐き出せないイライラは、自分の感じた事を受け止めてもらえない為に発生している事が多いです。その為、誰かに話を聞いてもらい、それを通じて心を受け止めてもらうのが効果的になるのです。

また、自分の話を聞いてくれた相手から、現状を何とかする為のアドバイスをもらえる事もあります。話をしている内に、自分の気持ちが整理され、新しい解決策を思いつく事もあるでしょう。

そうした意味でも、イライラについて話を聞いてもらうというのは良い方法なのです。

仕事でイライラした時は、それを一旦忘れられるような行動を取ろう

仕事でイライラを感じても、仕事はこなさなければなりません。仕事中は一旦それを心の隅に置けるような対処法を取り、気持ちの整理は別の時間に行うようにしましょう。

どうしても気持ちの整理が上手くいかない時は、プライベートな時間で思いっきり発散するようにしましょう。イライラする辛さは抱え込まずに、こまめに発散するようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る