仕事の悩み相談にはコツがある!3つのコツで上手くいく

仕事の悩みはどの様な悩みでも相談しにくいものですね。上司や先輩に相談したくても、どの様に相談したらいいか分からない、という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

特に、新卒で入社した人にとっては、かなり切実な悩みだと思います。仕事の悩みは相談しにくいと感じがちですが、相談のコツを掴めばスムーズに相談ができるようになります。

相談のコツは、相談したい内容をはっきりさせておけば、どれも簡単に取り組めるものばかりです。覚えておけば、仕事の助けになります。

今回は、仕事について悩みを相談する時に使える相談のテクニックと、どうしても会社の人に相談できない悩みがある時はどうしたらいいかについて説明していきます。仕事の悩みを抱えている方は、ぜひご覧下さい。


仕事の悩みは相談しにくい。相談のコツを覚えておこう

仕事の悩みは相談しにくい事が多いですが、相談する時にコツを押さえておけば、スムーズな相談ができるようになります。これから紹介していく3つのコツをしっかり押さえておきましょう。

感情的にならないようにする

仕事の相談をする時、必ず念頭においてほしいのが感情的に相談をしないという事です。具体的には、怒りながら相談したり、泣きながら相談したりする事がこれに当たります。

感情に支配された状態で相談をすると、どうしても怒りや悲しみといった感情に頭が引っ張られてしまい、肝心の相談が上手くできなくなります。相談内容が感情に引っ張られてブレブレになってしまうのです。

聞いている側である上司や先輩にとっても、強い感情をぶつけられながら話を聞く状態になりますから、あまり良い状態とは言えません。相談相手に悪い印象を抱かれてしまう場合もあるのです。

仕事の悩みを相談する際は、事前に感情をある程度落ち着かせてから相談するようにしましょう。相談相手に自分の感情を必要以上にぶつけないよう、気を付けて下さい。

複数の上司への相談はNG

仕事の悩みを相談する際、複数の上司や先輩へ相談するのはよくありません。複数の上司や先輩に相談すると、もらえる指示やアドバイスが複数になり、かえって何をどうしたらいいのかが分かりにくい状態になるのです。

また、相談された側は、自分を信頼しているから相談してもらえたのだと思っています。複数に相談すると、この思いを裏切る事になるので、自分の印象や評価を下げる要因になりがちです。

複数の上司や先輩への相談は結果的に悩みを複雑化させてしまいます。相談する相手は一人に絞りましょう。

相談相手を選ぶ時は、

  • 直属の上司
  • 仕事を教えてくれた先輩

等、普段から接している上司や先輩に相談するようにしましょう。

相談内容と自分の意見はハッキリさせておこう

上司や先輩に相談する時というのは、自分の悩みによって相手の時間を使わせてしまうという事と同じ意味を持ちます。だからこそ、仕事の悩みを相談しにくいと感じている人が多いのです。

相談相手の時間を消費する事を最低限に抑えるには、相談内容をまとめておくのが有効です。

具体的には、

  • どの様な悩みであるか
  • 悩みの具体的内容
  • 悩みに関する自分の意見

の3つを明確にしておく、という事になります。

この3つを明確にしておけば、相談する時にどの様な相談をしたいのかという事を分かりやすく伝えられるようになります。自分の意見をある程度はっきりさておけば、感情的に相談してしまう事も避けられるようになります。

先に悩みの内容をまとめておくと、相談を受ける側である上司や先輩も悩みの内容が分かりやすく伝わります。その分、悩みに関した指示やアドバイスも的確な内容でもらえるようになるのです。

社内の人に相談しにくい悩みは、外部のプロへ相談してみよう

仕事に関する悩みは、社内の人に相談しにくい悩みもあります。また、会社の雰囲気によっては相談しにくい環境になっている場合もあります。そうした場合は、外部にいるプロの手力を借りましょう。

働く人向けのカウンセリングやホットラインを利用する

カウンセリングや公的な施設のホットラインの中には、働く人を対象としたものもあります。こうした働く人向けの相談窓口を利用すれば、社内で相談が難しい場合でも、仕事に関するアドバイスを受ける事ができます。

多くのカウンセリングやホットラインは、ネット上で広告や窓口を設けています。外部の人の意見が聞きたい時は、ネットで探してみるといいでしょう。

カウンセリングやホットラインの中には、ネットで受付や実際の相談を行っている所も多数あります。

  • 電話
  • メール
  • ライン等のコミュニケーションツール

等、窓口によって使える手段も違いがあります。

カウンセリングやホットラインは、

  • 仕事の悩みがどの様なものなのか
  • 自分のライフスタイルで活用できるか
  • メールやコミュニケーションアプリ等、自分が使いこなせる方法で相談ができるか

等、自分の悩みや生活習慣によって選ぶと、相性のいい窓口を見つけやすくなります。

辞めたい場合は転職サイトで相談してみよう

  • 今の仕事を辞める方向で相談がしたい
  • 会社に対する不満や不信感が大きい

場合は、転職サイトのエージェントに相談するのも良い方法です。

転職サイトでは、転職を考えている人のカウンセリングを行っている場合があります。このカウンセリングでは、仕事に関する悩みや不安を相談する事もできるのです。

転職サイトですから、主な解決方法は転職になります。

しかし、転職を視野に入れて相談をする事で、

  • 今までなかった選択肢や考え方を知る事ができる
  • 自分に向いている仕事や働き方のヒントを得る

場合もあります。

会社に対する不満や不信感が大きい場合や、転職も視野に入れて仕事の悩みを相談したい場合は、思い切って転職サイトを利用してみて下さい。

仕事の悩みはコツを掴めば相談しやすくなる。スムーズな相談を目指そう

仕事の悩みはコツをつかんでおけば、スムーズに相談できるようになります。相談前には自分の悩みや意見をある程度まとめた状態で相談するようにしましょう。

また、場合によっては外部のプロの力を借りた方が、悩みを改善できる場合もあります。仕事の悩みは一人で抱え込まないで、適切な相談相手に相談するようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る