仕事に疲れたら無理をしないで。おすすめリフレッシュ法

仕事をしていると、当然疲れを感じるようになります。仕事が忙しいと疲れていても仕事を頑張ってしまいがちですが、仕事の疲労を放っておくと後々疲れから来る体調不良や病気に悩まされてしまう事になります。

仕事をしていて疲れを感じたら、体の要求に従って休みを取らなくてはなりません。

仕事の疲れをしっかりと癒すには、自分が感じている疲労の種類を知り、それに合わせたリフレッシュ方法を取る必要があります。そこで、疲労の種類の見極め方と、リフレッシュ方法をまとめました。

仕事をしていて疲れを感じやすくなった方や、効率的なリフレッシュ方法を探している方に、役立つ内容となっています。ぜひご覧下さい。

仕事に疲れを感じたら迷わず休んで。仕事を休むべきタイミングを知っておこう

仕事をしていてだるさや疲れを感じた時は、休息をとるのが一般的です。しかし、より効率的に仕事の疲れをいやすには、疲れの種類を知っておく必要があります。まずは疲労の種類を見極める方法を学びましょう。

仕事で疲労を感じたら休む事を意識しよう

仕事をしていて、

  • 常に疲れを感じるようになった
  • 休んでも疲れが回復しない

と感じるようになったら、体が本格的に疲れているサインです。

これらの状態は体が長時間疲労状態にさらされている為に起きています。健康を維持する為に、体が休息を求めているのです。

この状態になったら、まずは仕事よりも自分の体と心を休ませる事を優先しなくてはなりません。

  • 仕事を休めそうなら、まとまった休みを取り、心身を休める
  • 仕事を休めそうにないなら、こまめな休息を取り、心身へのダメージを最小限にする

といった対策を取りましょう。

疲労の種類を見極めて効率的なリフレッシュを

仕事で発生する疲労には種類があります。疲労はその種類によって急速となる行動が違います。効率的に心と体から疲れを取るには、疲れの種類を見極め、それに合ったリフレッシュ法を取らなくてはならないのです。

仕事で発生する疲労は大きく分けると2つの疲労に分類できます。

  • 肉体疲労
  • 精神疲労

の2種類です。それぞれの特徴をまとめると、以下の様になります。

肉体疲労は文字通り、肉体を使う事で発生する疲労です。

仕事でいえば、

  • 体を使う仕事
  • 長時間同じ姿勢を保ちながら作業を行う仕事

で発生します。

疲労の症状としては、

  • 筋肉痛等の体の痛み
  • 倦怠感
  • 免疫力や気力の低下
  • 眠気が取れない

等があります。

精神疲労は精神的なストレスで発生する疲労で、

  • 人間関係の悩み
  • 仕事に関する悩み
  • ショックな出来事

等から発生します。

仕事で発生する場合は

  • 接客業等、相手の感情を読み取りながら行う仕事
  • 精密作業等、神経を使うような仕事
  • 人間関係が複雑な仕事

等によって発生する事が多いです。

ストレスの症状としては、

  • イライラしたり、クヨクヨしたりしやすくなった
  • 些細な事でも気になってしょうがなくなった
  • 人の目が異様に気になるようになった
  • 今まで楽しんでいた事が楽しめなくなった

等の精神的な症状として出る場合があります。

この状態を放っておくと、精神的な症状だけでなく、肉体的な症状として出てくる事もあります。

  • 下痢や便秘
  • 頭痛
  • 肩や首のコリ
  • 不眠

等が代表的な症状です。

自分に出ている症状を見極め、自分が今どの様な疲労を感じているかを知っておくようにしましょう。場合によっては、複数の疲労が症状として出ている事もありますから、その点にも注意しながらチェックしてみて下さい。

仕事に疲れを感じた時におすすめのリフレッシュ法5選

疲れをリフレッシュする方法はたくさんあります。その中から、特におすすめのリフレッシュ方法を5つ集めました。効果のある疲労の種類にも触れていますので、参考にして下さい。

仕事中は意識的に休憩を取る

  • 疲労を感じているが、まとまった休みが取れない
  • 休む前にどうしても片づけたい仕事がある

という人は、仕事中は休息をとる事を意識しながら仕事をしてみて下さい。

  • 一つ作業をこなしたら5分休憩を取る
  • お茶やお菓子をこまめに取るようにする

等、小さな休憩を仕事中にこまめに作るのです。

人の集中力は最長で90分、平均的には50分程度しか持ちません。集中している間でも、15分間隔で波が生まれています。人は長い時間集中しながら作業をするには、限界があるのです。

疲労がたまっている状態だと、これらの時間も自然と短くなります。疲労がたまっている時は、こまめに休憩を取るようにして下さい。

とにかく休息と睡眠を取る

一番手っ取り早く疲労を回復させたいなら、体を出来るだけ安め、睡眠時間を多めに確保しましょう。睡眠による疲労回復は、肉体的な疲労にも、精神的な疲労にもよく効きます。

仕事から離れられるなら、しっかり離れて、とにかく頭と体がすっきりするまで眠って下さい。休日に予定を入れてしまうと、それをこなすために精神力や体力を使ってしまうことになります。

休むと決めた日は予定を入れず、あえてダラダラと過ごしてみて下さい。

体に優しくて美味しい物を食べる

心と体の回復には、美味しい物を食べるのも有効です。消化に良い物を選べば、体への負担を最小限にしつつ、栄養を取る事ができますから、肉体的な疲労の回復につながります。

  • 美味しい物や好きな食べ物を食べる
  • カフェやレストラン等、好きなお店でご飯を食べる

といった形で食事をすれば、精神的な疲労回復に役立ちます。

美味しい食べ物は心も体も回復してくれますが、どちらをより強く回復したいかで食材やメニューを選ぶことができます。

より効率的に疲労を回復したいなら、

  • 肉体疲労が強い時 → 消化しやすく、栄養価の高い食べ物やメニュー
  • 精神疲労が強い時 → 好きな食べ物や料理、又は甘い物

が効果的です。

食べ物で疲労を回復させたいなら、疲労の種類に合わせて食べる物も選ぶようにしましょう。

誰かに話を聞いてもらう

精神的な疲労が強い時に効果的なのが、仕事の話を聞いてもらう事です。

  • 仕事の愚痴
  • 仕事場の人間関係の悩み
  • 仕事の悩み

等を、家族や友達に聞いてもらいましょう。

自分の話を聞いてもらい、気持ちを受け止めてもらうだけでも、精神的な疲労は軽減できます。

ポイントとしては、話をする時は明るく振る舞うのがポイントです。重く、つらさを前面に出して会話してしまうと、話を聞く人への負担が大きくなってしまいます。

話をする時は、自分がリフレッシュする事だけでなく、聞く相手の事も考えてあげるようにして下さい。

映画や旅行等、日に事情的な体験ができる事をする

こちらも精神的な疲労に効果的な方法です。

  • 映画
  • 旅行
  • アウトドア
  • 遊園地等のレジャー施設

等に出かけて、思いっきり楽しんでみるのです。

仕事による精神的なストレスは、少しでも仕事の事を意識すると顔を出してくるという、厄介な特徴があります。これを防ぐには、仕事にあまり関係のない所で、関係のない事をするのが効果的です。

仕事のストレス、特に精神的なストレスは、仕事や仕事場と自分の心の距離が近すぎる為に起きているケースがあります。

そのような場合は、一旦物理的に仕事から離れ、自由な状態の心で色々な事を感じると、ストレスを解消できるようになるのです。

家で休んでいても仕事の事を思い出してしまって休めない、という人は、思い切って仕事とは全く関係のない事に挑戦してみて下さい。

仕事に疲れた時は無理せず休んでリフレッシュしよう

仕事に就かれた時は、無理をすると後で大変な事になってしまうケースもあります。疲労を感じたらこまめに休息を取り、心と体をしっかり休ませてあげるようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る