仕事中の飲み物は何がベスト?飲むタイミングや量、注意点を紹介

喉が乾いたときや気分転換のために仕事中に飲み物を飲むことがあるでしょう。飲み物は喉を潤してくれるだけでなく、仕事の集中力を高めたり、リラックスさせてくれたりといった効果も期待できるのです。

また、女性の場合代謝アップなど、美容や健康目的で意識的に水分を摂取している人も多いでしょう。

飲み物を飲むときは、その種類だけでなく飲むタイミングや量なども重要なポイントになってきます。

ここでは、仕事中に適した飲み物や飲むタイミングや量、注意点について紹介していきます。


みんな何を飲んでいるの?働く人がよく飲んでいる物とは?

飲み物の好みは人それぞれですが、他の人が何を飲んでいるのかが気になります。よく飲まれている飲み物をいくつか紹介していきたいと思います。

最も多くの人が飲んでいるコーヒー

コーヒーはさまざまな飲み物の中でも、仕事中に最も多く飲まれています。

なぜ多くの人がコーヒーを飲んでいるのかというと「集中力アップのため」だからです。

長時間集中力を保つのは難しいでしょう。しかし、目の前の仕事に取り組むためにも集中力が欠かせなくなります。

眠気を覚ましたり、意識を活性化させたりしてくれることでより仕事に集中しやすい環境を作ってくれますので、コーヒーを選ぶ人が多いのです。

また、コーヒーが用意してある職場も多いことも、よく飲まれている理由のひとつでしょう。

ただし、コーヒーはカフェインが多く含まれているため、たくさん飲んでしまうとカフェインの取りすぎなど体への悪影響が心配されます。

緑茶、麦茶など、お茶類

お茶類を仕事中に飲んでいる人も多くみられます。よく飲まれているお茶の種類は、以下の通りです。

緑茶
カフェインだけでなく、カテキンやビタミンCといった栄養をたっぷりと含む緑茶。がん予防にも効果があると言われています。

また緑茶にはテアニンと呼ばれる成分がふくまれており、リラックス効果をもたらしてくれるなど、健康や美容効果も期待できます。

麦茶
夏の飲む機会が多い麦茶には、ミネラルが豊富に含まれています。血液をサラサラにする、がん予防にも効果があると言われています。

特に汗をよくかく季節には、水分とミネラルを適度に補給できるのでおすすめでし、美肌効果も期待できます。

紅茶
喉が乾いた、リラックスしたいときにいつでも飲めるようにティーバッグをストックしておく、職場に常備してあるところもみられます。

紅茶にもカフェインが含まれていますので、仕事での集中力を高めたいときに飲む人も多いでしょう。

お茶はさまざまな種類が販売されており、自分の好きなお茶を職場に持ってきている人もたくさんいます。

お茶も仕事の効率を高める、リラックス効果が期待できるものが多いですが、コーヒー同様に種類によっては飲み過ぎると体に負担となることがあります。

ミネラルウォーターや炭酸水

コーヒーやお茶に次いで多いのがお水です。実は水分補給の観点から考えると、胃腸への負担も少なく最もおすすめの飲み物だと言われています。また、水にもいくつかの種類があります。

ミネラルウォーター
水道水よりもミネラル分が多いミネラルウォーターを選ぶことで、不足しがちなミネラルも補給できるようになります。

特に女性は鉄分などのミネラル分が不足しやすいので、ミネラルウォーターはおすすめです。

炭酸水
美容や健康にも良いということで女性を中心に人気なのが炭酸水です。炭酸水もリラックスやリフレッシュ効果が高く疲労回復効果も期待できるので、特に疲れがたまったときにおすすめです。
フレーバーウォーター
SNS映えするということから、女性を中心に人気が出ています。透明のボトルにミネラルウォーターを入れてフルーツやハーブを入れるだけで、ほんのりと香るフレーバーウォーターが出来上がります。

フルーツやハーブの香りによるリラックス効果や、栄養効果も期待できます。

水は水分補給源として適していますが、味が無いので飽きるという意見も聞かれます。

炭酸水やフレーバーウォーターを適度に取り入れることで、味や香りの変化を楽しめるようになるでしょう。

他にも、人前で話す機会が多い人は喉のことを考えて「はちみつ生姜湯」などを飲んでいる人も少なくありません。

タイミングや量もポイント!飲み物を飲むときの注意点

飲み物は喉が乾いたとき、リラックスしたいときなど、自分が飲みたくなったら飲んでいる人が大半だと思います。

しかし、ちょっとしたことに気を付けるだけで飲み物から得られる効果をより高めることができるのです。

コーヒーを飲むベストタイミングは?

コーヒーを飲むタイミングは人それぞれです。

  • 眠気さましに
  • 疲れた時
  • 集中力を高めたいとき

といったように、気分を高めたいときに飲む人も多いのではないでしょうか。また、コーヒーの香りに癒されたくて飲む人もいると思います。

コーヒーにはカフェインが含まれていて、それが集中力を高めるのに働くと期待できますので、気分をシャキッとさせたいときに飲むのがおすすめです。

また、コーヒーを飲む量ですがカフェインの取りすぎは健康によくありません。最大でも1日3〜5杯程度にしておくのが健康のためにもおすすめです。

代謝アップのために小まめに水やお茶を飲むこと!

水やお茶(ノンカフェイン)はできれば自分の近くに置いておき、小まめに摂取するように心がけましょう。

人間の体は70%が水分で構成されていますので、水分が不足すると代謝が悪くなりますし、老廃物もたまりやすくなり疲れが出やすくなるなど、不調が出やすくなってしまうからです。

仕事に集中しているとつい水分を取ることを忘れがちになってしまいますので、マイボトルに入れるなどして1日2リットルを目安に取るようにしましょう。

また、お水やお茶を飲むときは、少量ずつ小まめに取るのがポイント。一度にコップ1杯(200ml程度)を目安に飲むようにしましょう。

一度にたくさん飲んでも冷えやめまい、鼻炎といった深い症状を引き起こす原因となりますし、すぐにトイレに行きたくなってしまうからです。

砂糖入りの飲み物は注意!

たとえば、フレーバーウォーターや炭酸水、コーヒーなどに砂糖が入っている場合、砂糖の取りすぎには十分注意が必要です。

仕事をしていて疲れがたまってくると甘い物が欲しくなるでしょう。しかし、血糖値の急上昇を招く砂糖入りの飲み物を飲んでしまうと、かえって血糖値が急降下して甘い物をさらに欲するようになります。

それが集中力低下を招いてしまうだけでなく、疲れやすくなる原因にもなります。さらには、美容面でも悪影響が出ますのでよりいっそう注意が必要です。

少量なら構わないのですが、砂糖入りの飲み物は大量にとらないように気を付けましょう。

飲み物の選び方や飲むコツを知り、仕事や健康維持に役立てよう

飲み物はどのタイミングで何を飲むかによって、仕事のモチベーション維持や集中力アップに役立ちます。

また、飲む量や注意点などについても理解しておくことで、健康や美容にも効果を発揮してくれます。

飲み物の選び方や飲み方次第で仕事の効率もアップすると考えられますので、是非役立ててみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る