仕事が遅い人は必見!仕事のスピードを引き上げる仕事術

仕事をしていて

  • 自分の仕事が遅いのではないか
  • もっと手早く仕事をする方法はないのか

と考えたことはないでしょうか。仕事のスピードアップは誰でも一度は考えた事のある課題です。

仕事に慣れてくると、自分の仕事をこなすスピードや効率が気になるのはよくある事です。仕事が遅い、もっとスピードアップしたいと感じるのは、仕事に慣れてきた証拠だと言えるでしょう。

今回は、仕事を効率的にスピードアップさせる仕事術を紹介します。仕事に関する考え方や内容の把握にもかかわるので、仕事を早く覚えたい、上達させたいという方にもおすすめです。


仕事が遅い…。どうしたらいいの?

自分の仕事が遅い、と感じた時は、一体どうすればいいのでしょうか。まずは仕事が遅いと感じた時に、その理由を探す考え方を解説していきます。

仕事が遅いのには理由がある

仕事の遅さを感じる場合や、指摘を受けた時にまずやってほしいのが、仕事が遅い理由を探す事です。

  • 仕事内容を理解していない
  • 仕事の手順を把握していない
  • 仕事内容や作業を完全に覚えていない
  • 仕事に使うツールをうまく使いこなせない
  • 仕事に対する準備が不十分
  • 手早い作業そのものが苦手

仕事が遅くなる理由だけでもこれだけありますが、ある程度取り上げてみるとある共通点がある事が分かります。

どれも仕事内容に関して理解や技術が不十分である、という事です。

仕事の内容について理解が足りていないと、次の手順や作業にスムーズに移るのが難しくなります。仕事の理解が少なければ少ない程このもたつきは起こりますから、その分仕事が遅くなります。

仕事が遅い、という事は、仕事内容に関する理解や技術が追い付いていない、不十分である、という事なのです。

まずは自分の仕事を把握しよう

仕事が遅い理由はたくさんあります。

どれにも共通する改善策として、自分の仕事をもう一度振り返る事で、仕事内容を把握するという方法があります。

仕事のやり方を振り返り、

  • 仕事内容を理解しきれていない部分がないか
  • 仕事の手順が間違っていないか

を確認するのです。

仕事のペースが遅くなる所というのは、内容の理解や作業に慣れていない部分になります。その部分を中心に、仕事のやり方や内容を振り返り、不足している部分がないか確認しましょう。

単純に理解が足りない場合や、作業に慣れていない場合は、この作業を行うだけでも仕事のスピードをアップできる可能性があります。まずは自分の仕事を振り返ってみましょう。

仕事のスピードを速める仕事術はこれだ!

仕事の内容や作業の手順を振り返っても、仕事に関するスピードが向上しない場合は、以下の仕事術を試してみましょう。

振り返りをして上手くいかない場合は、

  • 内容を一から振り返る事で、全体的な視点で改善策を探す
  • 作業を多く、正しく行う事で体に覚えさせる
  • 客観的な視点を取り入れる

等の方法を取ると上手くいく場合があります。

それぞれの方法を仕事に活かすテクニックを紹介しますので、参考にして下さい。

仕事の手順を細かく理解する

仕事が遅くなる箇所を振り返ってもうまくいかない場合、他の部分が影響をして仕事のスピードを落としている可能性があります。

このような場合がないか確認するには、仕事の手順を最初から最後まで細かく振り返り、理解しなおすやり方が有効です。

具体的なやり方でいうと、

  • 自分用のマニュアルを作成する
  • 仕事でもらう指示や注意を書き出し、確認する

といったやり方になります。

このやり方のポイントは、とにかくできるだけ細かく内容を書くという事です。動作一つ一つを書き出し、その通りに動けば誰でもその仕事が出来る位、内容を詳細に書いていくのです。

出来るだけ細かく書こうとすると、理解が足りていない部分はどう書き出したらいいのか分からなくなります。分からない部分が出たら個別にメモを取って、周りの人に質問しましょう。

作業を思い出しながら書くと、仕事のイメージトレーニングをしている状態になります。自分の作業を客観的に見る事ができるので、無駄な動作や作業があれば自分で気付いて省く事ができるのです。

仕事のイメージトレーニングをしながらできるので、実際の仕事の練習にもつながります。仕事内容のトレーニングとしても活用できるテクニックです。

最初は丁寧に、慣れてきたら数をこなすようにする

単純に作業に慣れていない場合に有効なのが、最初は丁寧に行い、少しずつスピードアップを狙っていくやり方です。実際に体を動かして、体に作業を覚えさせるやり方になります。

作業に慣れていない時は、一つ一つの動作を意識しながら作業を行いましょう。速さは最低限の速さを維持しながら、丁寧に、正確に作業を行っていきます。意識しながら作業を行う事で、ただ作業をするよりもしっかりと体に作業を覚えさせる事ができます。

丁寧な作業に慣れたら、少しずつスピードアップさせていきましょう。

作業をスピードアップさせるときは、全体の作業スピードを引き上げるよりも、

  • 完璧にできるようになった作業
  • 動作にかかる時間が短い作業

からスピードアップさせた方が、ミスが少なくなります。

作業スピードにこだわる事も大切ですが、それよりも大切なのがミスをしない事です。手早く、ミスのない作業が出来るように、最初は丁寧で正確な作業を心がけましょう。

ほかの人にアドバイスをもらうのもおすすめ

  • 作業の振り返りや作業スピードに問題がない場合
  • どうしても仕事のスピードが上がらない場合

は、一緒に仕事をしている人に自分の仕事を見てもらい、アドバイスをもらうのが効果的です。

自分の視点からでは分からない事も、他の人の目から見る事で分かるようになる事があります。自分では気が付かなかった改善点を見つけてもらい、アドバイスをしてもらいましょう。

また、その人が実践している仕事のやり方やテクニックを教えてもらうのも有効です。アドバイスをもらう事で、仕事について相談したり、手助けをしてもらったりする事も可能です。

仕事の多くは、自分一人だけで出来る物ではありません。仕事場にいる人達が協力し合って出来る物です。アドバイスや相談は積極的に受けるようにしましょう。

仕事が遅くても、仕事の仕方を工夫すればスピードアップも夢じゃない

仕事が遅いと悩んでいても、仕事の仕方を確認し、工夫すればスピードアップもできるようになります。まずは自分の仕事が遅い理由を振り返って確認し、必要があれば他の人の助けを求めてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る