「仕事したくないから結婚」はアリ?専業主婦で幸せになれる人の特徴


「仕事をしたくないから結婚して専業主婦になりたい」というのは、逃げや甘えではありません。

残念ながら現代の日本は、女性が働きやすい環境とは言い難いです。男性中心の社会で働きにくいという女性がいるのは不思議なことではありません。

また様々な作業を1人でこなすよりも、それぞれの作業を分業してこなしたほうが効率的です。そう考えると、夫婦の片方が仕事、もう片方が主婦業に専念することは、賢い選択であるといえます。

ただし主婦業を必ずしも女性がしなければいけないということはありません。仕事に向いている女性がいるように、仕事に向いていない男性もいます。

現代は色々な生き方が選べる時代、「仕事をしたくないから結婚して専業主婦になりたい」というのも人生の1つの選択だといえます。


専業主婦でうまくいっている人とうまくいっていない人の違い

離婚率が高い世の中は、結婚している人すべてが幸せになるわけではないことを教えてくれます。

それは「仕事をしたくないから専業主婦になりたい」と考えて結婚した女性も同じです。

だからといって「仕事したくないから専業主婦になりたい」と考えて結婚した女性全員が、不幸せになるというわけでもありません。

専業主婦になってうまくいった人とうまくいかなかった人の違いはなんなのでしょうか。

パートナーが理解してくれるか

専業主婦がうまくいくかいかないかは、パートナーの性格や考え方によって変わります。

例えばパートナーが、専業主婦の大変さを理解しようという姿勢であれば、家事や子育てでの手伝いを期待できます。

もしパートナーが仕事で忙しく手伝いを期待できない環境でも、家事代行や食材宅配など、有料のサービスを利用しやすい家庭の空気ができています。

逆にうまくいかないのは、専業主婦が簡単で楽な仕事だと思い込んでいる人との生活です。

人間は自分の考えの正当性を実感するために、物事にフィルターを通してみるクセがあります。

たとえ家事や育児が大変だと伝えても、専業主婦が簡単で楽な仕事だと思い込んでいる人の耳には届きません。また家事や料理に対して評価を行わないため、専業主婦のやる気を削ぎます。

結婚相手の性格によって、結婚生活が幸せになるか不幸になるのか決まるのは、専業主婦も兼業主婦も同じです。専業主婦でも兼業主婦でも、結婚相手は慎重に見定めなければなりません。

性格的に専業主婦が向いているか

また専業主婦がうまくいくかは、性格的に向いているかどうかも大切なポイントです。

専業主婦は給与も休みもない事務作業に似ています。毎日もくもくと他部署をサポートする事務仕事をこなさなければなりません。

会社勤めの事務仕事と違うのは、休日はほとんどなく、スケジュールは他人に合わせて決定しなければならないという点です。

そういった環境でも楽しみを見つけて仕事をこなせる人は、専業主婦の資質があります。

男性の無理解にも柔軟に対応できるか

家事や子育てを簡単だと思い込んでいる男性の無理解と付き合えるかも、専業主婦に向いているかのポイントです。

そもそも専業主婦に理解ある男性と結婚できれば、このような苦労を背負いこまずにすみます。

しかしパートナーが本当に専業主婦に理解あるかどうかは、結婚してみなければ分かりません。結婚前は理解ある言葉を口にしていたのに結婚後は態度が一変した、などはよくある話だからです。

無理解の男性への対処方法は主に2つです。

  • パートナーの評価を気にせず、自分の仕事をこなす
  • パートナーに理解を求めて話し合う

どちらを選んでも、一定の負担を背負い込まねばなりません。

一緒に暮らしている夫から主婦業が楽な仕事だと思われているなか、もくもくと家事をこなすのは想像以上のストレスを伴いますし、いくら伝えても理解してくれない男性に言葉を尽くすのもつらいです。

人の思い込みはなかなか変えられません。専業主婦が大変な仕事と夫が理解してくれている場合はよいのですが、楽な仕事だと思い込んでいる場合、その考えを改めさせるには大きな苦労を伴います。

どんなに女性が論理的に話そうとも、女性よりも無意識に自分が上だと思い込んでいる男性などは、意地になって自分の正当性を貫こうとします。

無理解なパートナーを目の前にしたとき、パートナーの評価を気にせず自分の仕事をこなすか、話し合うかはその人の自由です。

男性の無理解を前に、冷静さを失わずに心の平穏を保って柔軟に対応できる人こそ、専業主婦に向いているといえるでしょう。

探せば見つかる!結婚する女性に専業主婦を希望する男性

世の中に兼業主婦が増えたとはいえ、男性全員が結婚する女性に兼業主婦を希望しているわけではありません。

自分が仕事で頑張る分、専業主婦として家庭を守って欲しいという男性もいます。年収が高くなるほど専業主婦を求める男性も増えるという調査結果もあります。

ただし一言で「専業主婦を希望する」といっても、それぞれの男性の家庭の理想像には大きな違いがあります。

  • 男性側がハードな仕事に従事しているため、女性に衣食住を任せたい人
  • 生活費は男性1人で十分稼げるので、その分温かい家庭を作って欲しい人
  • 好きな人には家でのんびり過ごして欲しい人
  • 女性は家庭を守るべきだという強い固定観念がある人
  • 介護などの事情があり結婚する女性に働きに行って欲しくない人

このように環境・家族・給与・感情などで、男性の考えには大きな差があります。

男性が「専業主婦を希望している」と言ったからといってすぐ結婚せず、発言の背景をしっかりと見極めることが、結婚で失敗しないポイントです。

専業主婦で幸せになるために!人生のプランを複数用意しよう

「仕事したくないので結婚して専業主婦」の最大の難点は、リスクに対する備えが少ないという点です。

パートナーが働けなくなったら収入が激減してしまいます。兼業主婦の場合は、片方の収入が減ってももう片方の収入が残っています。

もしものときに備えて、専業主婦以外の道も複数用意しておきましょう。

そのためには「仕事をしたくない理由」と真剣に向き合う必要があります。

どうして仕事が嫌になったのか、自分に向いている仕事はないのか、など結婚してからも突き詰めて考えてみましょう。仕事で嫌なことが分かれば、向いているお金の稼ぎ方が分かってきます。

在宅など人と関わらずにすむ仕事もあれば、株取引といった働かないでお金を稼ぐ方法もあります。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る