シングルマザー向けの仕事とは?働きやすい職場を見つけるコツ

さまざまな事情でシングルになってしまったとき、まずは生活基盤を整える必要が出てきます。

そのために仕事は必須ですが、新たに職場を探すときは、子育てと仕事の両立ができるかどうかが重要になってきます。

仕事から帰ってきたら育児と家事をしなくてはいけません。しかも、両親など誰かのサポートが得られない場合、その負担がママだけにのしかかってきます。

少しでもママの負担を減らすためにも、条件の良い職場を探したいところです。ここでは、シングルマザー向けの仕事や働きやすい職場を見つけるコツについて紹介していきます。


シングルマザーに優しい職場選びのポイント

シングルマザーにとって子供を育てるためにお金は必要です。さらには、育児や家事にも時間を充てられるなど働きやすい条件が整っている職場を探せるといいでしょう。

給与や待遇をチェックすること

収入は多いに越したことはありません。しかし希望するほどの給与をもらえる求人を探すのは難しいと考えられます。

そこで、どの程度の給料があったら何とかやっていけそうなのかを、まずは考えてみることです。

次に求人条件をチェックするときに、給与や待遇についても調べておきましょう。給与額だけみても中身までしっかりとチェックすることをおすすめします。

それは、求人情報に書かれている給与額は、会社によって残業代や各種手当を含めた金額で提示していることがあるからです。

シングルマザーの場合、たとえお金のためとはいえ長時間残業するのは難しいと思いますし、手当の種類によっては受けられるかどうかもわかりません。

長く働けるかどうか

子供の成長に伴って教育費もかさむようになりますので、それをカバーするためには安定した収入と仕事が欠かせなくなります。

そこで、できることなら同じ職場で長く働き続けるのが一番です。同じ職場で働くことでキャリアを積むこともできますし、昇進や昇給の可能性もあるからです。

勤務形態についても、最初から正社員として採用されるのは難しいことが多いでしょう。しかし、ある程度の期間働くことで正社員に登用されるチャンスも高くなるかもしれません。

また、パートや契約社員として働いているうちに関連資格を取得するなどして、他の職場に正社員として就職することもできるでしょう。

シングルマザーに対して理解のある会社

会社によってはシングルマザーの採用を積極的に進めています。「特定求職者雇用開発助成金」とは、シングルマザーを雇用した企業に対して助成金が支払われる制度です。

この制度を取り入れている企業はシングルマザーを積極的に採用している可能性が高いでしょう。

採用もされやすいですし、同じような境遇で頑張っているシングルマザーと情報交換もできます。

時間の融通が利きやすい

仕事が終わると精神的にも肉体的にもくたくたになっているでしょう。しかし、家に帰れば育児と家事が待っています。また、平日に授業参観など子供の行事が入ってくることもあります。

そのような点を考えると、時間の融通が利く仕事のほうがシングルマザーは働きやすいでしょう。また、残業が少ないほうが育児や家事に時間を充てることができるようになります。

託児所があると助かる!

子供が小さいシングルマザーにとって、子供の預け先を確保する必要があります。地域によっては認可保育園に入ることが難しい可能性も考えられます。

託児所が併設されている職場を選ぶことで、保育園を探す手間も省けますし、子供のすぐ近くで仕事ができるので子供もママも安心して働けます。

どんな仕事が働きやすい?シングルマザーにおすすめの仕事

シングルマザーが働きやすい職種について、その理由とともに詳しく紹介していきます。

求人も多い介護職

介護は今後もニーズが増えていく業界です。求人の数も多く、未経験でも雇ってもらえるところも多いので仕事を見つけやすいでしょう。

雇用タイプが選べる
介護職の場合、パートやアルバイト、フルタイムなど雇用タイプが選べるのも魅力です。

子供が小さいうちはパートで働き、子育てがある程度落ち着いてきたら正社員で働くことも可能になります。

キャリアアップにつながる
介護関連の資格も多数あります。職場で資格取得をバックアップしてくれるところも多く、働きながら資格を取得することもできるでしょう。

介護は地方でも仕事がみつかりやすく、求人数が多いので転職先も比較的みつかりやすいです。

コールセンター

コールセンターはシフト制で働くところがほとんどですので、残業が少なく決まった時間に仕事を終えることができます。

しかも、大手のコールセンターになると託児所なども完備しており、福利厚生も充実しています。お客様よりクレームを受けるなどストレスもありますが、収入が高いのも魅力です。

医療事務や調剤事務

両者ともにしっかり勉強すれば資格を取得しやすく、しかも職場を見つけやすいのが魅力です。仕事によっては都心など一部の地域に仕事が集中することがあります。

しかし、医療機関や薬局は地方でも需要がありますので自宅から近い距離に仕事を見つけることができるでしょう。

また、医療機関や薬局の多くが子供の休みと同じく土日祝日が休みですので、シングルマザーでも働きやすいです。

保険の外交員

主に生命保険の営業を行い、契約数に応じて手当が付きます。契約を多く取ることができれば、高収入も夢ではありません。

しかも、勤務時間もある程度融通が利きますので、家の用事を済ませたり子供の行事に参加したりといったことも行いやすいでしょう。

高収入ではありますが、ノルマを課せられたり顧客から急な呼び出しがあったりとストレスも多い仕事です。その点、よく理解しておきましょう。

家事代行

共働き家庭が増えたことでニーズが高まっている職種です。主婦としての家事経験を活かせますし、働く日時を設定できるのが魅力です。

ただし、コンスタントに仕事をもらえるまでは収入が安定しないこと、給与もそれほど高くないことから副業として働く人も多いようです。

販売職や接客業

百貨店や専門店といった販売職、カフェやレストランの接客業はシフトが組まれています。そのため、残業することがほとんどなく、決まった時間に仕事を終えられるのが魅力です。

ただし、販売職や接客業はサービス業になります。職場によっては忙しい夜間や土日祝日の勤務を求められることがあります。

工場勤務や倉庫での仕事

工場や倉庫内での仕事も、シフトが組まれているところがほとんどです。時間になったら交代になりますので、残業も少ないところがほとんどです。

しかも、工場や倉庫の仕事は仕事内容も覚えやすく、未経験でも採用されやすいのがポイントです。

職場探しだけじゃない!子供のためにやっておきたいこと

子供が毎日元気に保育園や学校に通ってくれるのが何よりですが、急な病気やケガをすることもあります。

会社もシングルマザーを雇用するときに、子供の病気やケガで休むことは想定の範囲内でしょう。

しかし、その頻度や日数が多くなると会社もさすがに大目に見るわけにはいかなくなってきます。万が一に備えて対策を考えておきましょう。

病児、病後児保育施設を探しておく

病児、病後児保育とは子供が病気やケガで保育園や幼稚園を休まなくてはいけないときに、利用できる施設になります。一般の保育園や小児科で併設していることが多いです。

施設によって利用方法が異なりますし、預けたいときによっては定員オーバーで難しいこともあるでしょう。

そこで、病児、病後児保育施設を複数探して事前登録しておくことをおすすめします。

ベビーシッターを探しておく

急に必要になったときに困らないためにも、ベビーシッターを探しておきましょう。しかし、ベビーシッターは無資格でも子供を預かることができます。

安心して子供を預けるためにも、保育士やベビーシッターの資格を有しているところを選ぶのがおすすめです。

さらには、体調が悪化したときに病院の付添をお願いできるかどうかも確認しておくといいでしょう。

ファミリーサポートセンターに登録

子供を預かる会員とお世話おお願いする会員によって成り立っている制度です。自治体が窓口になっていますので、まずは連絡してみましょう。

ただし、必ずしもお願いできる会員が見つかるわけではありませんし、急にあずかってほしいときにお願いできないこともあります。

それでも、最適な預け先を選べるように子供のセーフティーネットはいくつか用意しておくのが望ましいです。

シングルマザーでも働きやすい職場は見つかる!

家事や育児、仕事を全て1人でこなすのは大変です。しかも、安定した収入を得るためにはある程度の時間、働く必要が出てくるでしょう。

だからこそ、働きやすい職場を選ぶことは重要なのです。シングルマザーでも、未経験でも資格を持っていなくても働ける職場は必ず見つかります。

たとえ、最初は希望するほどの収入や待遇が得られなくてもキャリアを積み重ねることで、より安定した収入が得られる仕事に就けるようになるかもしれません。

シングルマザーでも働きやすい職場はみつかりますので、探してみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る