就職活動前に知りたい!気になる新卒の初任給と年収

初めての就職活動はいろいろと記になるポイントがたくさんあります。学生から社会人になることは、自分の人生に責任をもって歩んでいくということです。

そして就職先を探すときに気になるのが収入です。もちろん職種や仕事内容が大前提ですが、その他にも福利厚生や勤務地なども気になるポイントだと思います。しかし、初任給が安くてせっかく就職したのに辞めたくなってしまっては、本末転倒です。

そんな新卒の初任給についてご紹介します。

就職前に知っておきたい!新卒の初任給の平均は?

平成30年の新卒の平均年収を学歴別・企業別でご紹介します。

厚生労働省が毎年実施している「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」の結果では、下記のような結果となっています。

学歴別

男女計

学歴 平均初任給
大学院修士課程修了 238.7千円
大学卒 206.7千円
高専・短大卒 181.4千円
高校卒 165.1千円

男性

学歴 平均初任給
大学院修士課程修了 239.9千円
大学卒 210.1千円
高専・短大卒 182.9千円
高校卒 166.6千円

女性

学歴 平均初任給
大学院修士課程修了 234.2千円
大学卒 202.6千円
高専・短大卒 180.4千円
高校卒 162.3千円

企業別

男女計

企業規模 大学院修士課程修了 大学卒 高専・短大卒 高卒
企業規模計 238.7千円 206.7千円 181.4千円 165.1千円
大企業 237.6千円 210.5千円 186.0千円 166.5千円
中小企業 243.6千円 204.2千円 180.2千円 164.0千円
小企業 222.3千円 200.0千円 179.6千円 165.2千円

企業規模 大学院修士課程修了 大学卒 高専・短大卒 高卒
企業規模計 239.9千円 210.1千円 182.9千円 166.6千円
大企業 237.4千円 214.2千円 185.1千円 167.0千円
中小企業 247.8千円 207.0千円 181.5千円 165.2千円
小企業 228.1千円 203.1千円 183.2千円 168.9千円

企業規模 大学院修士課程修了 大学卒 高専・短大卒 高卒
企業規模計 234.2千円 202.6千円 180.4千円 162.3千円
大企業 238.6千円 205.8千円 187.0千円 165.6千円
中小企業 231.8千円 200.7千円 179.3千円 162.0千円
小企業 211.1千円 197.0千円 178.3千円 159.1千円

大卒の場合、平均が20万程度となっており、高卒は平均16万円程度となっているのが分かります。そして男女によっても差があることが分かります。

そして、職種や企業によっても、年収の金額は大きく差があり、鉱業・石油・金融・保険・運輸関連業・情報通信業などは、年収が高いとされています。

中でも近年、IT関連やコンサル企業は初任給が平均より高く、年収400万~500万という企業もあります。

新卒に人気の給与が高い企業ランキングTOP5位!

職種・企業によって大きな差がある初任給ですが、その中でも、東洋経済ONLINE「新卒でないと入りにくく給料も高い」134社によると新卒占有率100%になっているのが、コーセーと丸井グループです。

順位 企業名 平均年収
1位 コーセー 848万円
2位 丸井グループ 668万円
3位 大阪ガス 655万円
4位 七十七銀行 716万円
5位 滋賀銀行 686万円

圧倒的に人気があることからわかるように、平均年収が高くなっています。そして、その他にもさまざまな取り組みが行われており、残業の削減や有給休暇の積極的取得なども行われています。

新卒にも人気の外資系企業は新卒でも年収が高い3つの理由

外資系企業は一般的に年収が高いとされています。それは新卒でも同じです。年収が高い大きな理由は3つあります。

  • 成果主義
  • 退職金制度がない
  • 福利厚生に乏しい

成果主義

日系企業との大きな違いが、成果主義です。年功序列という考えがなく、実力で評価がされるのが外資系になります。そして、年齢に関係なく評価され高い年収を得られることから、優秀な人材が集まりやすくなっています。

退職金制度がない

日本でも退職金制度がない企業は増えていますが、外資系企業は退職金制度がないところが多いのが現状です。

退職金がない代わりに、ある程度高い年収を支払うことで、個々の判断に任せるというのが一般的な考え方のようです。

福利厚生に乏しい

日系企業では、福利厚生が充実しています。社宅や、住宅手当、保育の補助など多岐にわたりますが、外資系企業ではこういった福利厚生がない場合がほとんどです。

そして外資系企業は年収を公開していないことがほとんどです。これは、優秀な人材を引き抜かれないためなどの理由があります。

新卒にありがちな勘違い!総支給額と手取りの違い

平均年収は一般的に総支給額で計算されます。総支給額とは企業から支給される金額です。実際に受け取る金額は、支給金額から保険料や税金などが引かれたものになります。そして住んでいる都道府県によっても違います。

年収からさまざまなものを引かれたものが手取りとして残ります。はじめに手取りを計算しておくと、初めてのお給料で少なく感じることは無くなります。

新卒の年収を知ることは大切!自分に合った就職先を探がしましょう

新卒の平均年収は、学歴、企業、男女で差があることが分かりました。そして日系、外資系でも差があります。もちろん仕事内容に魅力がなければ働き続けることはできませんが、生活していくうえで、年収も大切なことです。

自分が希望する職種などで複数の企業で迷ってしまった場合などは、初任給も視野に入れて選ぶことも一つです。就職活動の際には初任給もしっかり確認しておきましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る