試用期間の欠勤は注意!解雇の危険性もある事を知ろう

試用期間中は気の抜けない期間ではありますが、それでも欠勤してしまう事があります。まだ慣れていない会社での仕事は、自分が思っている以上に疲労やストレスを溜める原因にもなりますから、ある程度は仕方がない事です。

しかし、試用期間に欠勤してしまうと、本採用に影響が出てしまうのではないかと不安になってしまいますね。

この不安を払しょくするには、出来るだけ欠勤しないようにする対策を講じるのはもちろん、欠勤によって発生するリスクを知っておく事も大切です。

今回は、試用期間中の欠勤が生むリスクと、それを防ぐ為の対策方法も解説します。これから試用期間を迎える方は、参考にして下さい。


試用期間中の欠勤は本採用見送りのリスクを生む。リスクが発生する条件を知っておこう

試用期間中は、企業が雇用した人が本当に自分の会社で業績を出せるか、という点をチェックする為の期間です。この時期に欠勤や遅刻が多いと、自分達とは一緒に働けない、とみなされてしまい、本採用を見送られてしまう可能性があります。

試用期間中は仕事に慣れる事に集中しがちですが、欠勤や遅刻の原因になる

  • 病気、体調不良
  • 怪我や事故
  • それ以外のトラブル

にも注意が必要なのです。

とはいえ、試用期間中に欠勤してしまう事もあります。この項目では、欠勤してもリスクが発生しない場合と、そうでない場合について解説します。

やむを得ず休む場合は考慮されている事が多い

試用期間中、どんなに気を付けていても病気や怪我を負ってしまう場合があります。この様な場合、休むのは仕方がない事です。

また、自分の体調不良以外にも、

  • 家族の病気や怪我
  • その他のトラブルの発生

等によって、どうしても欠勤しなくてはならなくなる場合もあります。

この様に、休むにあたり正当な理由がある場合は、欠勤しても本採用に与える影響は少ないです。

本来なら休むべき時に無理をして会社に来てしまうと、かえって自分の評価を下げてしまう場合もあります。休まざる終えない理由がある場合は、それを素直に伝えて休みをもらい、その後の指示を仰ぐようにしましょう。

因みに、けがや病気といっても、

  • 二日酔いで体調不良
  • 交通ルールを破って事故を起こし、怪我をした

というような理由は、もちろん当たりません。

明らかに自分に原因がある場合の体調不良や怪我は、

  • 試用期間中の解雇
  • 本採用の見送り

といった事態を招いてしまいます。

試用期間中とは言え、扱いは正社員と変わりません。普段から自分の行動に責任を持ち、軽率な行動はしないようにしましょう。

あまりにも欠勤が多いと解雇や試用期間延長のリスクも

休む理由が正当である時でも、欠勤が多いとリスクが発生する可能性があります。

基本的に企業側は正当な理由がない限り、試用期間中の雇用者を解雇したり、試用期間を延長したりする事はできません。

しかし、この解雇や試用期間延長において正当な理由として認められる内容の中には『欠勤が多い』というものもあります。これは、正当な理由があっても無くても変わりません。

実際に働く際、どんな理由があっても欠勤が多ければ企業全体に迷惑をかけてしまいます。試用期間中に企業側に迷惑をかける可能性が高い人間として見られてしまうと、解雇や試用期間延長のリスクが高まってしまうのです。

例え解雇や試用期間延長とならなくても、一緒に働く事になる人達からの評価が低い状態で仕事をしていく事になります。どの様な状態になっても、自分にとって不利なスタートになる事は変わらないのです。

試用期間中、仕方なく欠勤する事もあるかとは思います。その場合はできるだけ早く出勤できるようにしましょう。

試用期間中の欠勤を防ぐ為の対策をしておこう!

試用期間中の欠勤を防ぐには、体調不良や怪我等、休まなくてはならない状況を減らす為の対策が有効です。仕事に集中するだけでなく、仕事終わりや休日中に体のメンテナンスをしっかりしておきましょう。

体を休める事を第一に考える

試用期間中は、慣れない環境下で仕事をしていく事になります。いつもよりも体に疲労やストレスが溜まりやすい状態です。仕事終わりや休日は体を休める事を第一に考えましょう。

家にはできるだけ早く帰り、リラックスする時間を設けましょう。

  • マッサージ
  • ストレッチ

等で、体をほぐしてあげるのも有効です。

睡眠時間も、いつもよりも多めに取る事を意識しましょう。人の体は眠っている間に起きている時に受けたダメージを修復しています。眠る時間を多めに取り、仕事で受けたダメージを少しでも多く回復できるようにしておきましょう。

栄養バランスのとれた食事をとる

病気や怪我の予防には、栄養バランスのとれた食事が重要です。試用期間中は、疲労回復や病気予防に役立つ栄養素を含んだ食材を多めに摂取するようにしましょう。

疲労には

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

等の、ビタミンB群が効果的です。

ビタミンB群は

  • 豚肉
  • 牛や豚のレバー
  • 大豆製品
  • マグロ
  • 貝類

等に含まれています。積極的に献立に取り入れましょう。

病気予防では、抗酸化作用のある

  • ビタミンC
  • ビタミンE

が効果的です。

ビタミンCは

  • イチゴ
  • キウイ
  • ピーマン
  • ジャガイモ

等に含まれています。

ビタミンEは、

  • オリーブオイル
  • アーモンド等のナッツ類

に多く含まれています。

それぞれの食材をバランス良く取り入れて、疲れにくい、病気に強い体を維持するようにして下さい。

体調管理だけでなく、時間管理もしっかりと

欠勤や遅刻を無くすには、体調管理だけでなく、時間管理も重要です。普段からタイムスケジュールを意識し、時間に余裕を持たせた状態で行動するようにしましょう。

常に時間に追われるような生活をしていると、思わぬ所で怪我をしたり、事故に巻き込まれたりします。これで欠勤をしてはもったいないです。

けがや事故の内容によっては、マイナスのイメージを持たれてしまう事もありますので、気を付けましょう。

  • 始業開始10分前には会社に付ける時間に家を出る
  • 夜遅くまで起きているような活動はしない、控えめにする

といった工夫を普段からするようにして下さい。

試用期間の欠勤は評価を下げる。対策をしっかりしておこう

試用期間中の欠勤は、正当な理由がない限りは良く思われません。休むべき理由がある場合でも、欠勤が多いと評価を下げてしまいます。自分の評価を下げない為にも、普段から病気や怪我、事故に関する対策をしておきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る