臭いのハラスメント「スメハラ」とは?予防のために心がけたいこと

最近問題になっている、「スメハラ」って何かご存知ですか?

「スメハラ」とは「スメル(臭い)ハラスメント(嫌がらせ・いじめ)」の略で、臭いによって他人を不快にさせる行為のことを言います。電車やバスなら席を替わればいい話ですが、職場ではそうもいかず、しばしばその対処法が議論になっています。

スメルハラスメントの対象となる臭いは、体臭や口臭など身体の臭いから、香水や柔軟剤などの人工的な香りまでさまざま。

自分は臭いに慣れていて気にならなくても、知らないうちに周囲に迷惑をかけている場合もあります。筆者の知人も妊娠している時、2つ隣の席の人が海外製の香りのきついハンドクリームを使っていて、気分が悪くなったことがあるとか。

このようにスメハラは誰でもが加害者、被害者双方になりうる可能性があります。今回はスメハラの問題と対策について、考えてみましょう。


自分は平気でも周囲は迷惑かも!スメハラになり得る臭いとは?

最近しばしば問題になっているスメハラですが、実際どんな臭いがスメハラになるの?と気になる方も多いと思います。具体的には、以下のような臭いがスメハラに当たる可能性があります。

  • 体臭(ワキガ・加齢臭・ダイエット臭・汗やお酒の臭いなど)
  • 口臭(ニンニク・虫歯・胃腸の不調による臭いなど)
  • 足の臭い
  • 香水
  • 柔軟剤
  • 整髪料
  • タバコ臭

こうして見ると無臭以外はほとんどスメハラに当たるのではないか…と心配になってしまいますが、要は程度の問題でもあります。

香水や柔軟剤、整髪料などは自分で調整できるので、職場や人に会う時などは、付け過ぎないよう心がけることが大切です。

体臭や口臭は努力だけでは改善できない場合もあるので難しいところですが…。以下に自分でできる対処法をご紹介していきましょう。

体臭でスメハラと言われないために、心がけたいこと

スメハラとして指摘されることが多いのが、体臭です。しかし体臭は故意ではなく、体調や体質などが原因のことも多いので、根本から解消するのは難しい場合もあります。

体臭が気になる場合、対策としては…

  • 汗をかいたら拭き取りシートなどで拭く
  • デオドラントや制汗剤を使う
  • こまめに着替え・洗濯をする

などが考えられます。しかし、デオドラントや制汗剤は使いすぎてもまた別のスメハラになる可能性があるので注意しましょう。

加齢臭は、抑える効果がある石鹸なども発売されているので、使用してみるのもいいかもしれません。また、ワキガは医療機関で専門の治療を受けることもできるので、臭いが強い場合は検討してみてもいいでしょう。

口臭でスメハラと言われないために、心がけたいこと

口臭も体臭と並んで、スメハラを指摘されることの多い臭いです。そしてこちらも体臭と同じく、自分で解決するには限界があることも。

手っ取り早くできる対策としては…

  • 食事の後に歯磨きをする
  • 口臭スプレーやタブレットを使う

などが挙げられます。しかし根本から治したいのなら、やはりしっかりと治療や対策を行った方がよいでしょう。

口臭の原因として多いのは虫歯や歯周病。定期的に歯医者に通い、臭いのもととなっている虫歯や歯周病を治療することが、口臭予防の一番の近道です

口臭は胃腸の不調からも起こります。脂っこいものばかり食べていないか、お酒を飲み過ぎていないか、不規則な生活をしていないかなど、食生活や生活習慣を見直してみるようにしましょう。

また接客業の人は、にんにくの入った食事には注意するようにしてください。にんにくは自分が思っているより臭いが残るものです。

筆者が結婚式場でアルバイトをしていた時、接客の責任者である人は、式当日だけでなく前日の夜もラーメンやぎょうざなど、にんにくの入ったものを食べないようにしていました。人と接する仕事の人は、そのぐらいの気配りが必要かもしれませんね。

足の臭いでスメハラと言われないために、心がけたいこと

靴を履いている時はいいのですが、宴会で座敷に上がった時などに、何とも言えない足の臭いに悩まされることってありますよね。

また、オフィスで仕事中に靴が窮屈だからと脱いで仕事をする人もいて、その人が足が臭かった場合、周囲の人はスメハラに悩まされてしまいます。

足の臭いを防ぐには…

  • 消臭スプレーや消臭石鹸を使う
  • 足を丁寧に洗う
  • 靴はこまめに干すようにする
  • 靴下は毎日替え、汗がひどい時も替えるようにする
  • 通気性のよい中敷きや靴下を使う

などの対策が考えられます。また、オフィスで働く時のマナーとして、休憩時間以外は靴を脱がないようにした方がいいでしょう。

人工的な臭いでスメハラと言われないために、心がけたいこと

最近は体臭や口臭以外に、香水や柔軟剤、整髪料といった人工的な臭い対しても、スメハラを感じる人が多くなっています。

自分がいい香りだと思っても、他の人もそう思うとは限りません。中には病気や妊娠などにより、化学的な臭いで体調を悪くする人もいます。

柔軟剤は最近は無香料や香りの優しいものも出ていますので、職場に着て行く服はそうしたものを使ってはいかがでしょうか。整髪料も、最近は昔のように香りがきつくないので、付け過ぎなければ大丈夫でしょう。

香水は化粧品店などで働く人以外は、マナーとして職場では付けない方がよいと、筆者個人は思います。付けるとしても、周囲に迷惑にならないよう、ごく控えめに抑えるようにしましょう。

最後にタバコ臭ですが、休憩時間に煙のこもる場所で煙草を吸うと、髪や衣服に結構臭いがうつるもの。席に戻る前に少し外の風に当たるとか、消臭スプレーなどを吹き付けるようにすると、少しは緩和されるかもしれません。

しかし、煙草は身体にも悪いし、臭いで周囲に迷惑もかけるので、できれば職場では吸わないようにするのが一番かもしれませんね。

自分がスメハラに遭ってしまった…どう対処すべき?

自分が加害者になるだけでなく、被害者になる場合もあるでしょう。もし自分がスメハラの被害に遭った場合、どんな対策を取りうるのか、以下にご紹介していきましょう。

職場ではマスクを着用して仕事をする

スメハラ対策として最も手っ取り早いのは、マスクを着用することです。接客業では、顔を隠すのがNGの場合もありますが、オフィスワークなどお客様と接することの少ない職場では、OKのところが多いと思います。

筆者が以前働いていた会社でも、感染症対策や乾燥予防のため、年中マスクを着用している人が何人かいました。中にはスメハラ対策の人もいたかもしれませんね。

卓上型の空気清浄機をデスクの上に置く

最近は各社から職場のデスクにも置くことができる、小型の卓上空気清浄機が発売されています。電源もコンセントだけではなく、USBケーブルが使えてパソコンから取れるものも多く便利です。

もし職場で禁止されていないのなら、こうしたものを利用してもいいかもしれません。ただ、作動音がうるさいと今度は音のハラスメントになってしまうので、購入前には作動音の大きさも確認するようにしましょう。

本人にやんわりと指摘する、または上司に相談する

臭いの問題はデリケートなので本人に指摘しづらいもの。体臭などは本人が気にしている場合もありますし、指摘することで、さらに傷つけてしまうおそれもあります。

ただ、香水や柔軟剤といった人工的な香りであれば、比較的指摘しやすいかもしれません。

指摘するのは、他の人が周りにいる時ではなく、できれば当人同士だけの時が望ましいでしょう。「臭い」と直接的に言うのではなく、あくまで「自分はこの臭いは苦手だから」と、個人的な好みのニュアンスで言うといいかもしれません。

もし本人に指摘するのが躊躇される場合は、上司に相談してみてもいいでしょう。席の配置など考慮してもらうことができるかもしれません。

スメハラ対策はこれから。まずは自分が迷惑をかけない努力を

いかがでしたか?スメハラの問題が取りざたされるようになったのは、まだ最近のこと。正直、企業を挙げてスメハラ対策に取り組んでいるところは、ほぼないのが実情です。

今後、対策を検討する企業もあるかもしれませんが、今は当事者の努力に委ねられているのが現実。まずは職場でも公共の場と同じようにマナー意識を持ち、自分が周囲に迷惑をかけないよう、努力をすることが大切ではないでしょうか。

スメハラの加害者になる人は、自分の臭いや周囲の反応に無頓着なことが少なくありません。自分と話している時、相手がいつも鼻の近くに手を持っていっていたり、隣の席の人が微妙に自分に背を向けていたら要注意。友人や家族などに、自分の臭いについて一度聞いてみてはいかがでしょうか。

スメハラをなくすには、本人の気付きが重要です。もし心当たりのある人は、この記事を参考に対策を行ってみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る