社会人の勉強にはコツがいる!仕事と勉強を両立させる方法


学生の頃だけでなく、社会人になってからも勉強しなくてはならない場合があります。この場合、仕事と勉強を両立させる必要がある分、学生時代よりも大変だと感じる事もあるでしょう。

勉強できる時間が限られている社会人が勉強を成功させるには、ちょっとした工夫が必要になります。

  • 勉強スケジュールの立て方
  • モチベーション維持の仕方

等のコツを押さえる事が大切なのです。

社会人になってからの勉強がなぜ大変なのかという事と、それを克服して勉強を成功させるためのポイントを調べました。仕事や趣味で勉強を始めようとしている方に役立つ知識をまとめましたので、ご覧下さい。


社会人になってから勉強する機会は意外と多い。成功させるコツはどこにある?

社会人になると意外と多い勉強する機会。これを成功させるには、社会人が勉強する時どうして難しく感じる事が多いのか、という原因がヒントになります。まずはどうして社会人の勉強が大変なのかを知りましょう。

意外と多い、社会人が勉強しなくてはならない機会

社会人になると、意外と勉強をしなくてはならない機会に遭遇します。

  • 仕事をする上で必要な資格や免許の取得
  • 仕事上使うツールやアプリ等を使いこなす為の勉強
  • 仕事で取り扱う商品やサービスの内容を理解する為の勉強

等、仕事上勉強しなくてはならない機会だけでも、これだけの機会があるのです。

これに加えて、趣味やキャリアアップの為に勉強をしよう、と思い立った場合の勉強も加わる事もあります。時々、学生の頃よりも社会人になってからの方が勉強している、という声を聞くのは、この為なのです。

社会人の勉強が大変な理由

社会人は学生の頃に比べて、勉強が大変だと感じる人が多いです。

これは、

  • 1日の大半を仕事に使っている為
  • 仕事以外にも家事や家族の世話等が加わり、プライベートでも時間の確保が難しい
  • 学生の頃は勉強第一で考えられていた分、勉強に集中しやすかった
  • 学生の頃に比べて集中力や体力が下がり、勉強をすること自体が大変

等の様々な理由が重なり合う為に起きています。

社会人は学生と違い、仕事をこなす事が生活の一部となっています。仕事をこなしつつ勉強という他の要素もこなさなくてはいけないのです。これに加えて、体の衰えも影響していきます。

こうした社会人ならではの勉強の大変さを乗り越えるには、大変になる理由を理解し、それを乗り越えられるような工夫が必要になります。社会人になってから勉強する場合は、勉強の計画やペースをしっかり考えて行うようにしましょう。

仕事と勉強を両立させるポイント3つ

社会人の本分である仕事と勉強を両立させるには、効率的な勉強の計画や、モチベーション維持の工夫が大切になります。

効率的に勉強する為のポイントをまとめましたので、勉強をする時はこちらのポイントを参考にしながら行ってみて下さい。

少しもいいので勉強時間を作り出す

社会人はどんな仕事でも忙しいです。勉強をする為のまとまった時間を確保するのも難しい人はたくさんいます。目標として「毎日○時間勉強する」と決めても、中々守れない場合もあるのです。

社会人が勉強をする時は、どんなに短い時間でもいいので、勉強ができそうな時間を作り出したり、見つけたりしましょう。

具体的には、この様な時間を活用して勉強をするという事です。

  • 早朝
  • 通勤・帰宅中の時間
  • 昼休み
  • 移動中の時間

時間そのものはとても少ないですが、以下の工夫をしてそれを続ければ、立派な勉強時間として活用できます。

  • 朝に早起きをして数十分の勉強時間を作る
  • 仕事の隙間時間に勉強に関連した本等を読めるようにしておく
  • スマホに勉強に関連したアプリを入れておく
  • 移動中に聞けるよう、音楽アプリ等に勉強に関連した内容の音声を入れておく

この他にも隙間時間を利用した勉強方法はたくさんありますので、自分なりの方法を見つけてみて下さい。

勉強をするぞ!と意気込んでも、仕事や雑事に邪魔されて上手くいかない、なんて状態が続くと、勉強へのモチベーションも大きく下がってしまいます。

勉強は数十分でも続ける事が大切です。普段過ごしている時間を見直して、勉強時間として使えないかをよく考えてみましょう。

重要なイベントを軸にしたスケジュールを立てる

社会人になると仕事上でもプライベート上でも重要なイベントがたくさん起きるようになります。

この重要イベントを無視した状態で勉強のスケジュールを立ててしまうと、イベントをおろそかにしたり、勉強が上手く可無くなったりしてしまいます。

勉強のスケジュールを立てる時は、重要イベントを最優先にした形のスケジュールを立てるようにしましょう。

例えば、仕事でいうと

  • 重要な会議
  • プレゼンテーションの発表日
  • 昇進試験
  • 研修

等がこれに当てはまります。

家庭でいえば、

  • 家族の記念日
  • 家族の学校や会社の行事で、自分が準備や参加する必要がある行事
  • 冠婚葬祭

等です。

勉強の目的が資格や免許を取得することである場合は、

  • 試験日時
  • 書類やレポートの提出日
  • 取得に必要な手続きを行う日

等も考慮し、こうしたイベントも忘れないように計画していきます。

仕事でもプライベートでも、不測の事態というのはよく起こる事です。重要なイベントだけでなく、イレギュラーな事態にも対応できるよう、スケジュールはある程度余裕を持って計画する事も忘れないようにして下さい。

モチベーション維持の工夫をする

勉強は具体的な目標が無い状態でいつまでも続けたり、一人だけで頑張ったりするような状態が続くと、モチベーションが低下してしまいます。モチベーションが低下すると勉強の質も下がりますから、気を付けなくてはなりません。

社会人が勉強をする時は、モチベーション維持の工夫も忘れずに行いましょう。

工夫の例としては、以下の方法があります。

  • 資格や免許、段位の取得等、具体的で分かりやすい目標を掲げる
  • 勉強時間や進捗状況をメモして、自分の勉強がどれだけ進んだかを見えるようにする
  • 教室等に通い、仲間と一緒に同じ勉強をする
  • 通信教育等を活用して、採点やアドバイスをもらう
  • 日々小さな目標を立て、それを達成したら自分にご褒美を上げる

これらの方法はどれが一番いい、というものでもありません。人によって向き不向きがあります。

自分ならどんな方法を使えばモチベーションを維持できるかを考えてみましょう。これは勉強のスケジュールを立てる時にも考慮しておくと、より効率的に計画を立てられるようになります。

社会人の勉強は仕事との両立がカギ。上手くいく勉強法を見つけよう

社会人の勉強は、仕事や家事等の雑事との両立をどれだけうまくできるかによって出来が決まります。上手くいく勉強法も人によって細かく違いますので、自分が一番勉強しやすい計画や方法を選ぶようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る