職場に出会いがない人でも運命の人を見つける方法9ステップ

「職場に出会いがない」と嘆くあなた。職場恋愛で結婚した人が、結婚した人たちの全体の3割を占めるって知っていましたか?

忙しく働く現代の女性たちが聞いたら驚くべき数字かもしれません。職場に出会いがない、ということは結婚したい女性にとって大きな弊害になっているんです。

ですが、諦めることはありません。誰にだって出会いのチャンスはあります。

そしてその出会いのチャンスを広げる方法を9ステップにしてみました。実践すれば運命の人にであう確率は格段にあがりますよ。


準備編~理想の相手と出会うために~

出会いのチャンスを広げるためには行動あるのみですが、まずは一度、自分と向き合って考えてみましょう。

これから出会いのチャンスを広げると、理想の男性だけではなく、興味のない男性や、最悪の場合「理想の相手だと思ったのに、実はダメンズだった」なんてことにもなりかねません。

自分の中にある理想や、自分の持っているものと改めて向き合うことで、たくさん出会いがあっても、その中のダメンズを遠ざけて運命の人を引き寄せることができます。

Step1.どんな人と出会いたいのかを明確にしよう

出会いといっても、相手がどんな人でも良いというわけではありませんよね。出会いたいと思っていながらも、その対象が漠然と「良い人」では、運命の人を引き寄せられません。

まずは自分が出会いたい人がどんな人なのか、理想の相手を、なるべく具体的に考えてみましょう。

  • 職業
  • 勤務体系
  • 年収
  • 背格好
  • 考え方
  • 出身地
  • 家族構成
  • 趣味 …など

まずは最低条件を3つ考えてみてください。「その3つをクリアしていたら付き合いたい」と思う男性像です。

例えば「自分より背が高い」「休日は出かけるのが好き」「ペットを飼うことに抵抗がない」などです。

注意点として、「優しい」「心が広い」などは抽象的なため、もっと煮詰めてみてください。

  • 優しい→「まわりの人に親切」「褒めてくれる」
  • 心が広い→「多少のことでは怒らない」「おだやかな性格」

このように、なるべく具体的な条件になるように考えてみましょう。

考え始めると条件が増えてしまうかもしれませんが、3つまで絞ってくださいね。

頭の中で考えるのも良いですが、紙に書き出すとよりわかりやすいのでおすすめです。

求める条件を改めて3つ考えることで、自分がどんなことに重きを置いて考えているのかがわかります。また、これから出会いがあったときの指針にもなりますよね。

Step2.理想の相手の理想の女性になる

具体的に「出会いたい男性像」が浮かんだら、次は彼を射止めるための準備です。

つい相手に理想を求めがちですが、相手の男性にとっても理想の女性像があります。自分が思う理想の男性に釣り合う女性になる努力をしましょう。

例えば年収が高い男性が理想なら、相手に年収は求めていませんが、代わりに知性や品位を求める傾向にあります。

この場合は

  • 本を読む
  • マナーを学ぶ

などから始めてみましょう。

もちろんダイエットなど、美容面で自分磨きをして自信をつけるのも大切な要素です。

背が高い男性が理想の場合には、彼の目線に立って一番最初に目に入る「髪の毛」や「肌」のケアから始めるのもいいですね。

理想の彼に近づけるように努力すれば、いざ出会ったときに焦ることはありません。

意識編~普段の行動を変える~

理想の相手をしっかり思い浮かべて、自分磨きを始められたら、次に行いたいのが意識を少し変えることです。

今出会いがない状態で、このまま普段の生活を続けても出会いのチャンスは生まれません。

今日から少しだけ意識を変えて、行動してみましょう。

Step3.意識改革。例え出会いがなくても気を抜かない

「職場に出会いがない」からと言って、普段から手抜きになってはいませんか?

毎日仕事に行っては帰るの繰り返しで、出会いがないからメイクも普段着も手抜き…。

こんな状態では出会いが期待できないのはもちろん、もしふとした時に出会いがあっても臨戦態勢をとることができません。

また、「アフターファイブに合コンがあるから」と急にオシャレをしても、準備不足だったり浮いてしまったりする可能性もあります。

普段から人に見られていることを意識して毎日を過ごすことで、いつでも出会いのチャンスを逃さないようにしましょう。

「職場には出会いのチャンスがない」という状況を逆手にとってください。職場の男性たちを練習台にする気持ちで、普段から気を引き締めて自分と周囲に気を配りましょう。

立ち居振る舞いは自然とにじみ出てきてしまうもの。何事も日々の積み重ねが大切です。

Step4.仕事帰りや休日はなるべく外で過ごす

仕事終わりや休日、自分へのご褒美にひとりで過ごすのって究極の贅沢ですよね。

ですが、出会いを求めていたらなるべく外出するように意識してみてください。

歩き回ったり体を使う仕事ならカフェでひといき、事務など体を動かさない仕事ならお散歩などもいいですね。

家にいるとどうしてもだらけてしまいがちです。少しでもプライベートな時間を外で過ごすことで良い刺激を受けましょう。

出会いのチャンスをつかみたい時期は、一人の時間の過ごし方が非常に重要になります。「少しでも良い刺激を受けて、気になったものにはチャレンジする」モードに移行すると、自然と出会いの機会が広がりますよ。

実践編~運命の人を見つける~

いよいよ実践編です。出会いのチャンスを広げるために、具体的に行動していきましょう。

ここでは、どこで出会うのか?どんな形で出会うのか?出会う場所についてご紹介します。

待っていても出会いのチャンスはありません。どんどん出会いの場に出かけてください。行動を起こすことで運命の人を引き寄せますよ。

Step5.同窓会など、学生時代の仲間たちから人脈を広げる

まずは同窓会などで同年代から出会いのチャンスを求めてみましょう。

なぜ同年代からかというと、「共通の話題があるから」。同じぐらいに学生時代を過ごしてきた同年代の人たちは、価値観が近く共通の話題も多くあります。

地元トークで盛り上がったり、学生時代に流行したもので話すのも良し、仕事での悩みなどもおおむね理解・共感できるはずです。

学生時代、特に仲が良くなかった人でも、大人になって色々経験しているうちに、話しやすくなっている人も中にはいます。昔の印象だけにとらわれずに会話を楽しむようにしてくださいね。

同年代で出会いのチャンスがなかったとしても、人脈を広げるきっかけにはなります。フリーの人を紹介してもらったり、食事会を開催してもらって、出会いのチャンスを作りましょう。

Step6.婚活パーティーは練習の場と心得る

同年代で出会いのチャンスに恵まれなかったら、婚活パーティーに挑戦してみましょう。

婚活パーティーは、出会いを目的とした男女が集まるため、出会いのチャンスが多くある場所です。

ですが、婚活パーティーにはデメリットがあります。それは「自分を知ってもらう時間が極端に少ない」こと。

婚活パーティーのおおまかな流れを見てみましょう。よくある婚活パーティーを例にします。

  1. 自分のプロフィールカード作成
  2. 自己紹介タイム…カードを参照しながら1人3~5分程度のローテーションで参加者全員と話す
  3. フリータイム×2~3回…気になった2~3人とおしゃべり
  4. 投票タイム…仲良くなりたいと思った人1~3位をランキング付けして投票
  5. カップリング成立…お互いにランクインしている人を発表
  6. 連絡先交換…カップリングが成立していれば連絡先交換ができる
  7. 終了…カップリングが成立していればこのあとお茶に行く人も

このなかで一番重要なのが自己紹介タイムです。

短い時間で自分のアピールをするのと同時に相手がどんな人かを見極めなければなりません。これがうまくいかなければフリータイムで相手から声がかかることはないでしょう。

とはいえ、短い時間で自分を知ってもらうのは本当に大変です。第一印象は7秒で決まるといいますが、第一印象を覆す時間は3分では到底足りないからです。

だいたいの婚活パーティーでは「容姿端麗な人」「話上手な人」に人気が集中するのは言うまでもありません。これは男女共通です。

もちろんアピールが得意であれば婚活パーティーは出会いの場として最適です。ですがそれができない・苦手な人の方が多いのが現実。

そんな場合には「婚活パーティーは練習の場」だと心得て、

  • 初めて会う人とどんな話をするか?
  • 話しやすい人はどんな話をしてくれたか?

など、これから出会いのチャンスを逃さないための練習&調査することに徹しましょう。

運よく出会いのチャンスをモノにできる可能性もゼロではありません。

Step7.趣味友を作る・イベントに参加する

同年代の人たちと同様に、話題に事欠かないのが「趣味友」です。共通の趣味があれば会話に花が咲きますし、デートにも誘いやすく誘われやすいので発展しやすいですよね。

趣味友のつくり方は、「イベントに参加する」これに尽きます。

都内なら週末だけでなく平日も、趣味のイベントが開催されています。できればその中で交流を深められそうなものに参加してみましょう。

「趣味がない」という人にも、「カフェ巡りが好き」「海外ドラマが好き」で集まるイベントだってあります。

「カレと過ごすならどんなことをしたいか」を考えて、趣味イベントを選んでみてください。

楽しく出会いを待つことができるはずですよ。

Step8.新しい出会いの形、婚活アプリ

ひと昔前の「出会い系」とは一線を画している「婚活アプリ」の存在を知っていますか?

無料で誰でも書き込み・登録のできる「出会い系」は、手軽な反面犯罪にも巻き込まれやすく、今では利用するのは危ない、という認識まであります。

そんなイメージを払しょくできるのが、最近登場した「マッチングアプリ」いわゆる「婚活アプリ」なんです。理由は3つあります。

まず、女性は一部を除いてほぼ全てのアプリが無料で利用できるのに対し、男性が有料である点。月額の登録料のほかに、メッセージを送り合うのも有料だというアプリもあります。

出会いにお金がかかることで、男性の出会いへの真剣度はぐっとあがります。支払い能力の証明にもなりますよね。

次に、登録には個人情報が必要な点。多くの婚活アプリには「登録にはFacebookで10人友達を登録したアカウントが必要」など、悪質な業者をはじくための対策がされています。

これによって簡単に登録できる出会い系よりもセキュリティー性があがりますし、相手がサクラや業者である可能性もほぼなくなります。

最後に、プロフィール機能の充実さです。婚活アプリには身長・年齢・体重・年収などのプロフィールを記載・閲覧することができ、的を絞って相手を探すことができます。

アプリのなかにはAIをつかったマッチング機能を登用しているものもあり、統計データから自分に合った相手を表示してくれたりもします。

いずれも、「お互いに『イイネ』を押さないとやりとりができない」など、一方的なやりとりをしない工夫がされているのも安心の理由のひとつ。

出会い系よりも出会える、優秀なアプリをこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

Step9.結婚相談所もひとつの手

最終ステップは、結婚相談所に登録することです。

昔から専門的に婚活を担ってきた結婚相談所は、やはり一番手堅く、そして多くの人に出会える場所です。

他の方法よりも高額だというデメリットはありますが、その代わりに

  • データと経験からのマッチング
  • 身分証明必須のためセキュリティ万全
  • プロフィールの信ぴょう性が高い
  • 第三者介入によりやりとりの負担が軽減
  • 高額だからこそお互いに真剣度が高い

など、メリットがたくさんあります。

結婚相談所に登録している人だけが参加できる婚活パーティーなど、希望者が参加できるイベントも盛りだくさんです。

どうしても出会いのチャンスをつかむことができない場合は、ぜひ活用してみてください。

具体的に理想を描くことで運命の人と出会える

職場に出会いがなくても運命の人と出会う方法を9ステップでご紹介しました。いかがでしたか?

このステップで一番大切なのは、何より「具体的に理想を描くこと」。

もちろん出会った瞬間に恋に落ちる一目惚れなど、フィーリングを大事にすることも悪くはありません。

ですが、なかなか出会いのチャンスに恵まれないと考えるのであれば、一度自分と向き合って「どんな人と付き合いたい(結婚したい)か」を考えるべきです。

なぜなら、数少ない出会いのチャンスをダメンズに心を奪われてつぶしてしまったり、普段思ってもいない高望みの相手にチャレンジすることを避けることができるから。

「具体的な理想は本物を引き寄せる」とも言われています。ぜひ、運命の人と出会うために実践してみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る