職場で好かれる女性になりたい!職場で好感度の高い人の特徴を解説

誰でも人に嫌われるより、好かれたほうがうれしいですよね。職場でも周りの人たちから嫌われている人もいれば、好かれている人もいます。

職場での好感度が高いと、質の高い情報や仕事を得ることができたり、周りからのサポートを受けられたりと何かと得することが出てきます。

自分では人に好かれるようにふるまっているつもりでも、他人から好かれるのは難しいのが現状です。

ここでは、職場での好感度が高い人の特徴について紹介していきます。その特徴から好かれるコツを学んでみましょう

明るい!気配りができる!職場で好かれる人の特徴

職場で好かれる女性になるためには、実際に好かれている人の真似をしてみることです。ここでは、職場で好かれる人の特徴について詳しく紹介していきます。

笑顔で明るい

常にムスっとした表情で不機嫌そうな態度を取っている人には、話しかけづらいものです。その点、常に笑顔で明るく接している人は、親しみやすい雰囲気が感じられます。

職場で好かれる人は、常に笑顔を絶やさず明るい性格の持ち主が多いです。笑顔で優しく接してくれそうなイメージがあるため、話しかけやすいのです。

また、笑顔には周りの空気を癒す効果もあります。仕事は楽しいことばかりではなく、大変なことやストレスも多くあります。だからこそ、笑顔で明るい女性を見ると周りも癒されるのでしょう。

快く仕事を引き受けてくれる

誰でも忙しいときや、仕事がたまっているときは他の仕事を引き受けたくないものです。人によっては仕事を頼むと、あからさまに嫌そうな顔をしたりすることがあります。

仕事を頼まれても、常に笑顔で引き受けてくれる人は好感度が高いでしょう。快く仕事を引き受けてもらえると、ついその人のことを応援したくなるものです。

裏表がない

女性に多いのが人によって態度を変えることです。上司やお気に入りの先輩の前では笑顔で対応しますが、嫌いな人や後輩に対してはそっけない態度を取ります。

そんな裏表の変化を周りの人は敏感に感じ取っています。これは、周りの人からも嫌われる要因になってしまうでしょう。

好感度の高い女性は、性格に裏表がありません。誰に対しても分け隔てなく接することができるため、周りからの信頼も厚いです。

気配りができる

気配りができる女性は周りから好かれます。飲み会などで率先して料理を取り分けることで、気配り力をアピールする女性もいます。しかし、それだけでは気配りができるとは言えません。

  • 率先して掃除をする
  • 誰にでも優しい
  • 来客時は率先してお茶出しする

など、他の人が嫌がるような仕事でも進んで引き受けてくれる、人の見えないところでも気配りができる人は、周りからも好かれまず。

相手の気持ちや希望を聞いてくれる

人に好かれる人は相手の気持ちや希望をくみ取ることが上手です。逆に嫌われる人はどのような場面でも自分の要求や意見を通そうとするでしょう。

職場で好かれる人は相手の意見や希望を理解し、相手の立場にたって行動することができるのです。

聞き上手であること

自己中心的な人というのは、どんなときでも自分が話題の中心となっていないと気が済まないものです。

その点、好かれる人は相手に興味関心を持ち、相手の話しをよく聞く「聞き上手」が多いのです。

誰でも自分に興味や関心を持ってもらえる、自分の話をしっかり聞いてもらえるとうれしいものです。聞き上手な人の周りには自然と人が集まってきます。

責任感のある人

職場では任せられた仕事に対して責任を持つ必要があります。責任感のある人は、周りから信頼を得て好かれる人が多いのです。

仕事には納期がありますので、納期に間に合うように仕事を終わらせるのが社会人としてのマナーです。しかし、中には平気で約束を破ったり、責任を放棄したりする人もいるのです。

素直に感謝できる

人から好かれる人はどんな小さなことにたいしても、素直に感謝の気持ちを伝えることができます。

仕事を手伝ってもらったり、重たい物を運んでもらったりしたときも「ありがとう」と言ってもらえるだけで相手は喜びます

逆に何でもやってもらって当たり前、感謝の気持ちを示すことができないと、周りはその人のことを助けようと思わなくなるでしょう。

自分のミスを素直に認めることができる

意外と難しいのが、自分のミスを素直に認めること。仕事で失敗してしまったときなどは、ミスを自分ではなく誰かに転嫁したり、言い訳をしたりして自分を守ろうとする人が多いのです。

そのような中で自分のミスを素直に認めて謝罪できるような人は、周りからの好感度も大幅アップすることでしょう。

悪口、陰口を言わない

誰かの悪口や陰口ばかり言っている人は、周りの人から好印象を持たれません。悪口を言うことでストレスを発散している人もいるでしょう。

しかし、悪口を言っているときの表情は見ていて気持ちよいものではありません。また、悪口や陰口が本人の耳に入ってしまったら、その人との仲も険悪になってしまうでしょう。

職場で周りの人たちと上手く付き合っていくためには、嫌なことをされたとしても相手の悪口や陰口を極力言わないことです。それが周りから信頼を得ることにつながっていきます。

しっかりあいさつができる

あいさつは社会人としてのマナーですが、実際にできる人は少ないものです。職場で円滑なコミュニケーションを取るためにも、あいさつはとても重要です。

自ら大きな声ではっきりとあいさつができる人は、周りから好印象を持たれるでしょう。

自然体でいること

職場にはいろいろなタイプの人がいます。職場の人に好かれようとして、あえて自分のキャラを変えようとしても無理していることが周りにバレてしまうでしょう。

本来はおとなしいキャラであるのに、元気キャラを作るのは大変です。頑張っていてもどこかで違和感が出てきてしまうものです。

人に好かれるために無理してキャラを作る必要はありません。自然体のまま人に好かれるための言動に努めていれば、だんだんとあなたの周りに人が集まってくるはずです。

努力次第で職場で好かれる人になることは可能!

職場で好かれる女性になりたければ、自分自身を見つめ直すことが大切です。そして、職場に好かれる人の特徴と照らし合わせて自分に足りない部分を探し出してみるのです。

職場でいきなり好かれるようになるのは難しいでしょう。日々の努力の積み重ねが周りからの信頼を得て、好かれることにつながっていきます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る