履歴書の証明写真欄はサイズに違いが!調節法を知っておこう

就職活動や転職活動をする際、履歴書をたくさん作成する方も多いでしょう。履歴書をたくさん作ると、それに貼る証明写真もたくさん作る事になります。

たくさん履歴書を作っていると、証明写真のサイズが微妙に合わないという事態に遭遇する場合があります。この様な場合、どうやってサイズを合わせたらいいのでしょうか。

また、履歴書をパソコンで作っていると、証明写真をデータ化した物があればそのままそのデータを貼り付ける事ができます。この時、適切なサイズが分からない、という声をよく聞きます。

この様に、履歴書の証明写真のサイズは意外と疑問が多いのです。そこで、履歴書に証明写真を貼る時のサイズや、それを調節する方法等をまとめました。

履歴書によって証明写真のサイズが違う事も。基本サイズを覚えよう

履歴書に貼る証明写真には、基本となるサイズがあります。履歴書は写真欄のサイズが違う事がありますが、基本サイズを知っていれば、それに合わせて選ぶ事ができます。基本的なサイズを覚えておきましょう。

履歴書の写真欄は、実はサイズが違う場合がある

履歴書の写真欄は全て同じ、という訳ではありません。実は、それぞれ微妙に違いがあります。証明写真を貼る時は、このサイズを守らなくてはいけません。その為、写真欄や証明写真のサイズによっては、大きさを調節する必要があるのです。

履歴書に貼る証明写真には基本のサイズがありますが、購入・作成した履歴書の写真欄がこのサイズよりも小さい場合は、そのサイズの上限に合わせて大きさを調節して下さい。

基本的なサイズ

履歴書に貼る証明写真には、基本となるサイズが存在しています。

縦4.00㎜ × 横3.0㎜

のサイズが、ベストとなる証明写真の大きさとなります。

証明写真は

  • 写真館
  • 証明写真機
  • 証明写真撮影アプリ

等で撮影する事ができますが、サイズを選ぶ時はこのサイズか、それに一番近いサイズを選択するようにしましょう。

データ化した写真を使う場合、パソコンで作成した履歴書に画像として貼り付ける事ができます。この時にも、適切なサイズがあります。

パソコンの場合、サイズだけでなく画質にも注意が必要です。画質を表す単位である『ピクセル(px)』にも気を付けましょう。

履歴書に貼る証明写真のピクセルは、

551 × 413 px

が適切な画質サイズとなります。

これより小さい画質になると、写真が粗く、ぼやけた状態になってしまいます。データ化した写真を利用する際は、写真自体の大きさだけでなく、画質の大きさにも注意しましょう。

証明写真として使える最低限のサイズ

履歴書の証明写真のサイズには、履歴書によってそれぞれ違います。その為、証明写真も履歴書によってサイズを変えなくてはいけない場合もあります。

人によっては、他のサイズで撮影した証明写真を履歴書に使おうとする人もいるかと思います。他のサイズで撮影した証明写真が履歴書に使えるかどうかを判断する場合、履歴書に使える最低限のサイズを満たしているかどうかを確かめて下さい。

履歴書に使える証明写真の最低限サイズは、

縦3.6㎜ × 横2.4㎜

です。

  • このサイズよりも小さい証明写真
  • このサイズに修正すると、写真のバランスが崩れる写真

は使えませんので、他の写真を選ぶようにしましょう。

履歴書の写真サイズを変える調節法と、便利なテクニック

履歴書に貼る写真サイズは、ある程度であれば調節する事ができます。写真サイズが微妙に大きい・小さい時の調節法を解説していきます。

サイズを小さくしたい場合

サイズを小さくしたい場合、サイズを直す方法は2つあります。

  • 自分で写真を小さく切る
  • 写真を撮り直す

のどちらかです。

自分で写真を切る場合は、

  • カッターナイフ
  • 定規

を用意しましょう。

ハサミは真っ直ぐに、細かく切るのが難しいです。こうした作業はカッターの方が上手くいきます。写真を綺麗に切りたい時は、カッターを使いましょう。

一度切り込みを入れたらやり直しは聞きませんから、サイズを精密に測り、それに定規を当てて切るようにして下さい。慎重に、間違いのないようにしましょう。

写真にカッターを入れるのが怖い場合は、写真の撮り直しをしましょう。これなら確実に、きれいな状態で欲しいサイズの写真を手に入れる事ができます。

写真館等のカメラ専門店の方が、写真サイズの種類が豊富です。基本サイズ以外のサイズで用意したい場合は、写真館等を利用しましょう。

サイズを大きくしたい場合

サイズを大きくしたい場合、写真の状態によってやり方が変わっていきます。

証明写真機等、写真がデータ化されていないタイプの場合、写真を撮り直すしか方法はありません。その為、間違って小さいサイズで撮影してしまうと、その撮影にかかったお金が無駄になってしまいます。

写真撮影をする際は、サイズを確認してから撮影するようにしましょう。

  • 基本サイズ
  • 最低限のサイズ

をそれぞれ覚えておくのも、サイズ間違いを減らす良い方法です。

  • 写真館等で撮影したデータをもらった場合
  • 証明写真アプリ等を使い、データ化した写真を持っている場合

は、そのデータを修正する事でサイズを変える事ができます。

  • お店でサイズを変換・印刷してもらう方法
  • 自分でデータを変換・印刷する方法

のどちらでもできます。自分に合った方法を選びましょう。

サイズ変化はデータ化した方がやりやすい

証明写真のサイズは、大きくする場合も小さくする場合も、データ化し、それを修正するやり方の方がやりやすいです。データ化していれば、撮影したデータを印刷するだけで済みますから、何枚でも作る事ができます。

就職活動や転職活動では、履歴書用の証明写真を大量に作る事になります。そうした面も考えると、履歴書用の証明写真はデータ化しておいた方が便利です。

履歴書用の写真は、データ化できる形で撮影するようにしておきましょう。

  • 大量に必要になった時
  • 違うサイズの写真を複数用意しなくてはけない時

でも、簡単に用意する事ができます。

履歴書用の証明写真を撮影する際は、

  • 写真館等で写真をデータ化した物をもらっておく
  • 証明写真用アプリ等で撮影したデータを保存しておく

等、写真をいつでも修整・印刷できるような準備をしておきましょう。

履歴書の写真は重要要素。正しいサイズを覚えておこう

履歴書の写真は採用担当者の第一印象を決める重要な要素です。良い印象を与えられるよう、正しいサイズでの撮影を心がけましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る