復帰を円滑にする、出産報告を職場にする時のタイミングやマナー

出産したら職場への報告は必要か?はい、必要です。

産休を取ってお休みをしているのですし、これから育児休業期間に入るということもあり、出産したら必ず職場への報告が必要になります。

しかし、出産が初めてだとどのタイミングで言えばいいのか、電話なのかメールなのか、どうやって伝えればいいんだろう?と迷ってしまうこともあると思います。

伝え方にも一応マナーがありますので、どうやって出産報告をすれば良いか、そのポイントについてまとめました。

育休明けに気持ちよく復帰するためにも、マナーを守って報告しましょう。


報告する順番が大事。職場への出産報告のマナー

出産したばかりだと体調も優れないし、何より疲れていますよね。

そんな時に報告なんて忘れてしまいがちですが、「早め」が原則です。

2〜3日以内には報告しよう

出産当日はまあいいとして、出来れば翌日、遅くても3日以内には報告をしたいところです。

でも、出産の状況によっては自分で連絡できないこともあるかもしれません。そんな時は緊急事態ですから、夫か親に頼んで、会社に一方入れてもらうといいと思います。

というのも、出産日が確定したところで出産手当金の申請なども必要になってきますし、育児休業の手続きなども必要です。

会社の担当者に迷惑をかけないように、早めに報告をしましょう。

もし自分で出来なかった場合は、後日改めて一報を入れましょう。

誰に報告すればいいか

一番最初に誰に報告をするかですが、育休手続きの担当者ではありませんよ。

仕事で一番お世話になっている上司です。

仲のいい同僚がいても、そちらは後。やはり序列が大事です。

まずは上司に報告をし、その後から同僚や先輩、後輩などに報告をします。

SNSは後回しでいい

ここで気をつけて欲しいのがSNS!

最近は、報告の必要性を考えずに、先にSNSに個人的な情報をアップしてしまう人がいますが、中には会社の人とつながっている人もいますよね。

先にSNSから情報が流れ、そこから上司の耳に入るというのが一番いただけけません。

社会人ですから、ここは順序を気をつけて。先に会社に自分の口から報告をすべきです。

また、これは個人個人の考え方にもよるのですが、出産という出来事はおめでたいことではありますが、極めて個人的なことです。

それをSNSにアップしても良いのかどうかは、よく考えてからにした方がいいでしょう。

どんなことを報告すればいいのか

報告する内容ですが、

  • 出産した日
  • 性別
  • 赤ちゃんの名前(決まっていればでOK)
  • 妊娠中にお世話になったお礼
  • 育児休業を取得することへの感謝
  • 復帰したら頑張りますという熱意

このようなことを報告しておけば十分です。

私は子供3人とも、出産前には名前が決まっていなかったので、無事に女の子(2回目は男の子)を出産しました、とだけ報告しました。

逆に報告する必要のないことですが、仕事と関係のない出産の苦労話などは自分から話す必要はありません。

もし仲のいい上司で、「出産はどのくらいかかったの?」などと聞かれたら、聞かれた内容についてだけ答えればいいでしょう。

基本的には電話で報告

今は何でもメールで済ませる風潮がありますが、大事なことはやはり自分の口から、電話で報告をした方がいいでしょう。

上司は自分よりも目上の人なのですから、何か電話も出来ない理由がない限り、きちんと電話で報告をしてください。

ただし、電話をする時間帯は考えてくださいね。

報告は出産当日でなくてもいいので、翌日のお昼休みなど手がすいてそうな時間帯を見計らって電話をします。

もし離席されていたら、戻るタイミングを聞いておいてかけ直してください。

メールで報告する場合

ただし、1日中会議であったり、忙しくてなかなか時間をとってもらえなそうな時はメールでいったん報告し、後日改めてお電話しますと連絡をしておけばいいでしょう。

◆メールの文面例
ご無沙汰しております。○○です。昨日、無事に3000gの女の子を出産いたしました。母子ともに健康です。お電話をしましたが本日はお忙しいようでしたので取り急ぎ、メールでご報告いたします。後日改めてお電話させていただきます。

あくまでも出産の一報ということで、後で電話を入れる前提で簡単に済ませています。

同僚への報告はメールでもOK

上司に報告をしたら、同僚など周りの人に報告をしてもOKです。

プライベートでも仲のいい人は後で電話をしてもいいと思いますが、とりあえずメールで無事に出産したことを報告しましょう。

◆メールで報告する場合の文面例
皆様、ご無沙汰しております。このたび、無事に3000gの女の子を出産いたしました。母子ともに元気でおります。皆様には出産前も優しいお心遣いをいただき、ありがとうございました。おかげで無事に出産することが出来ました。育児休業中はご迷惑をおかけすることになりますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

出産してすぐに仕事復帰するわけではないので、お休み中は周りの人に仕事をカバーしてもらう必要がありますよね。

仕事で助けてもらっていることへのお礼も含めて、報告のメールを作成しましょう。

上司に報告したから同僚はいいか、と省略しないようにしてくださいね。

上司からも当然みんなに話はあると思いますが、自分の言葉できちんと報告し、感謝の気持ちを伝えることが大事なのです。

タイミングを考えること

報告をするタイミングですが、まずは上司。これが一番なのは変わりありません。

職場の同僚、先輩、後輩はどうするか、ここはタイミングがずれないように気をつけてください。

数人にだけ上司と同じ日に報告をして、後の人は数日後、なんてずらしてしまうと、自分が報告をする前に人づてで聞いてしまうことになりますよね。

ですから、上司以外の人への報告はタイミングあわせ、同じ日に一斉に報告をした方が無難です。

写真を貼付する必要がある?

メールで報告をする時に、赤ちゃんの写真を貼付するかどうか、それは自由です。

私は添付をしませんでした。仲のいい人にはプライベートのメールで添付しましたので、会社のメールに添付する必要はないと考えたからです。

というのも、一部を除いて、他人の子供に興味のある人は少ないからです。

正直、生まれたばかりの赤ちゃんというのは親以外の人にとっては可愛くない場合が多いです。しわしわですから。

仕事で使うメールに赤ちゃんの写真がついてきても困る、という人もいると思いましたので、添付はしませんでした。

ただ、職場の雰囲気や社員の年齢層などにもよりますので、周りの様子をよく見て考えてください。

あらかじめ、出産経験者に話を聞いておくといい

今回は、一般的に守った方がいいと思われるマナーについてご紹介しました。

しかし、職場によってこれまでの慣習が違うところもあると思います。

その慣習と違うことをしてしまうと、世間一般の常識とはかけ離れていなくても、「あの人は常識がない」なんてことを言われてしまう可能性も。

ですから、出産経験者がいたら、

  • いつ、どのように報告をしたか
  • 報告するのは上司→同僚、休暇の手続き担当者で良いか

など、不安なことがあれば事前に話を聞いておくことをおすすめします。

日本人は前例が好きですから、前例と違わないことをしておけば間違いないです。

もし出産経験者がいない、自分が初めてという場合は、上司と相談しておくといいですね。

出産したら電話で連絡します、と言っておけば、スムーズにことが運ぶでしょう。

落ち着く暇などない

よく、「報告は落ち着いてからでいいよ」なんて言ってくれる優しい上司もいますが、出産したら落ち着く暇などありません。

赤ちゃんは生きているのですから、出産してすぐに授乳が始まります。

でも病院にいる間なら、家事をしないで育児に専念できますからまだ余裕がある期間。出来ればすぐに報告してしまった方が、自分にも余裕が出来るんです。

みんなの協力があったからという「感謝の気持ち」を忘れずに

出産前には大きなお腹を抱えて仕事をするのは大変だったと思います。私も3回出産しているので、臨月間近に普段通りに仕事をするのは大変でした。体調が良くないこともありますからね。

そんな時、周りの人は知らず知らずのうちにフォローしてくれていたのだと思います。

ですから、出産報告をする時は、今までありがとうございます、そしてこれからもよろしくお願いいたしますという気持ちを込めて報告できるといいですね。

仕事に復帰する時は、妊娠中以上に周りの人の協力が不可欠になります。自分一人で仕事をしているのではないということを改めて胸に刻んで、感謝の気持ちを持って連絡をしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る