出世できないのはなぜ?出世できない理由と出世への解決策

同期入社の同僚たちがどんどん出世しているのに自分の昇進はなし。しかも、仕事ぶりや実績も同期と比べて悪いわけではないのに、自分だけが出世できないと余計に焦ってしまうでしょう。

もしも、出世することができたら昇給も期待できますし、責任ある仕事も任せてもらえるようになるかもしれません。

いつまでも出世できないのは何かしらの理由があるからだと考えられます。出世できない理由を知り、適した解決策を取ることで出世に近づくことができるかもしれません。

ここでは、出世できない理由と出世への解決策について詳しく解説していきます。

上司との関係性や仕事ぶりに問題、出世できない理由

出世への打開策を取るためには、出世できない理由を知ることが大切。出世できない理由もいくつか考えられます。ここでは、出世できない理由について詳しく紹介していきます。

上司からの評価が低い

昇進を後押ししてくれるのは直属の上司です。ところが、その上司との関係性が悪くなってしまうと、昇進にも多大な影響が出てきてしまいます。

言い訳が多い
仕事でミスをしてしまったとき、その対応次第で上司の心象が大きく変わります。

ミスを素直に認めて謝る部下に対しては、精一杯フォローしようと素直に思えます。しかし、言い訳ばかりでミスを認めないような部下に対しては、上の立場に立たせるのは難しいと考えるのが自然でしょう。

報告、連絡、相談を軽視している
仕事を円滑に進めるためには報告、連絡、相談がとても重要な意味を持ちます。ところが、それをおろそかにしている人もいるのです。

その結果、仕事でミスが生じてしまったり、取引先に迷惑をかけたりなどトラブルに発展する確率が高くなるのです。

レスポンスが遅い
報告、連絡、相談をおろそかにしている人にも共通するのがレスポンスの遅さ。すぐにできる仕事であったとしても、後回しにするのです。
態度が悪い
上司のことが嫌いで、その気持ちがあからさまに言動に出ている人もいます。上司のことを嫌っていることを、上司だけでなく周りの人たちも察しているはずです。

人事評価に上司の私的な感情が含まれることもあります。それが、人事評価や出世にも影響してくるのです。

上司から嫌われている、悪い印象を持たれている場合、出世できる確率はグッと下がります。

時間にルーズである

人よりも上の立場に立つ人間は、時間を大切にします。そのため、時間にルーズな人間は出世できないと考えていいでしょう。

遅刻、早退が多い
いろいろな理由があるかと思いますが、遅刻や早退が多いと責任ある仕事を任せることが難しくなります。
約束の時間に遅れる
大事な取引先や商談中のお客様との約束に遅れるようでは、相手からの信頼を失うでしょう。

また、時間にルーズな人は時間の管理が下手な人です。自分のスケジュール管理さえまともにできないため、他の人をまとめるスキルはないとみなされるのが普通です。

完璧主義で効率重視

真面目な仕事ぶりで、仕事も完璧にこなすのに出世できないのは、効率を重視しすぎるからです。仕事は単独ではなく、同じ部署や他部署と連携しながら進めていくものです。

しかし、中には仕事ができない人材もいるでしょう。完璧主義の人は、仕事上の小さなミスでも許せず、失敗をフォローしようともしません。

仕事ができない人材には仕事を頼まない、代わりに自分が仕事をするなどしてミスなく仕事を進めることを重要視します。

それは、完璧主義者や仕事ができる人には、仕事ができない人の気持ちをくみ取ることが難しいからです。

上の立場に立つということは後輩や部下の育成も行わなくてはいけません。人材マネジメントスキルに欠ける人は、いつまでも出世できないでしょう。

視野が狭い人

上の立場に立つと大勢の人をまとめる、複数の仕事をマネジメントする必要が出てきます。

しかし、視野が狭く偏った考えを持ち続けていると、仕事の進め方や人材管理にも悪影響が出てきてしまうでしょう。

自分の意見を曲げない、人の意見に耳を傾けようとしない人は、出世するのが難しいのが現状です。

指示された以上の仕事をしない

依頼された仕事をこなすことを適格にこなすことが求められます。しかし、指示された以上の仕事をしない人は、会社から重宝される人間にはならないのです。

仕事を与えるときに事細かに指示を出すのは大変です。しかし、仕事の意味や目的をしっかりと理解しておかないと、上司や先輩が満足いく結果を出すことは難しくなります。

自ら質問をするなど蜜にコミュニケーションを取ることで、上司や先輩が望む結果を出しやすくなります。与えられた仕事+αの結果を出せる人は、周りからの評価も良くなります。

気分にムラがある

自分の感情の起伏を見せないのが、社会人としてのマナーです。しかし、中には気分屋で自分の感情が言動に現れる人もいるのです。

そのような人に対して、周りは必要以上に気を遣います。気分屋が上司になってしまうと、部下は常に上司の顔色をうかがう必要が出てきますし、仕事にも悪影響を与えます。

人望がない

仕事は大勢の社員の協力があってこそ成り立つものです。この人のためなら頑張ろうと思ってもらえるような人でないと、上の立場に立つことは難しいでしょう。

  • 無表情
  • あいさつをしない
  • 他の社員とあまり会話がない

といったタイプの人はとっつきにくいと思われてしまいます。周りと積極的にコミュニケーションを取ろうともしないため、人望もありません。

仕事ができない

上の立場に立つためには効率よく仕事をこなすスキルも必要です。

  • 仕事が遅い
  • ミスが多い
  • 効率が悪い

上記のようなタイプの人は、自分の仕事をこなすだけで精いっぱいでしょう。当然、他のスタッフの仕事までフォローする余裕さえないと考えられます。

上司になったら、部下の失敗やミスをカバーすることも出てきます。それができないようであれば、出世するのは難しいのです。

人に厳しく自分に甘い

自分の失敗に関しては寛大であるのに、他人のミスは許せないタイプも出世から縁遠いです。上司となれば、その言動が与える影響も大きくなります。

自分に甘いタイプの人は、相手に対する思いやりを欠いた言動をしがちです。すると、周りの人は嫌な気分になってしまい、一緒に仕事をしたくないと思うようになります。

他人だけでなく自分にも厳しければ、周りも納得してくれます。出世したいのであれば、他人に優しく自分に厳しいくらいの態度を見せる必要があるのです。

向上心がない

仕事で使用するシステムや新しい制度など、日々ビジネスで使用する環境やツールも進化しています。ところが、いつまでも古いやり方や、ツールにこだわっている人がいます。

そのようなタイプは新しいやり方やツールを認めようとせず、いつまでも今までのやり方に固執します。それでは、業務効率化もできませんし、時代の流れに取り残されてしまいます。

出世したいのであれば、人並み以上の努力をするという気持ちが必要なのです。

出世できない理由から、解決策を考えてみよう

出世できないと悩む人は、自分に何が欠けているのか知ることができたでしょうか?もしも、自分で考えて理由がわからないときは、上司や先輩、同僚に聞いてみるのも手段のひとつです。

本当は出世したいのにできないのはなぜなのか、ストレートに質問することで、自分に足りない部分を指摘してくれるはずです。

出世できない原因を知ることができたら、改善するための努力が必要です。自分を変えることができたら、出世も夢ではなくなるはずです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る