集団行動が苦手でつらい!そんな人に送る集団行動の克服方法

学生時代はもちろん、社会人になってからも集団行動をする機会はあります。社会的な活動をしていれば、集団行動をする機会を避けるのは難しいといえるでしょう。

そんな集団行動ですが、苦手に思っている人もたくさんいます。一見すると集団でうまく過ごしている人でも、実は集団行動をするのが嫌、苦手だ、と思っている場合もあるのです。

社会的な活動をするのに欠かせない集団行動が苦手、という状況を何とかしたい人はたくさんいるのです。今回は、そんな人の為に、集団行動の対策方法を解説します。この対策が出来れば、集団行動を上手くやり過ごせるようになりますよ。

集団行動が苦手な人の心理から、苦手意識を感じる原因を知ろう

集団行動が苦手な人はたくさんいます。これは、集団行動が苦手な人の心の動きや特徴が関係しているのです。まずはどんな心や特徴を持っていると苦手意識を感じやすくなるのかを知っておきましょう。

人に対して苦手意識がある

集団行動が苦手な人に良くある心理として、人そのものに対して苦手意識がある場合があります。

  • 自分自身や、自分のコミュニケーション力に自信が無い
  • 人よりも他の事に興味を惹かれる事が多い
  • 他人に干渉されたり、個性を尊重されなかったりするのが嫌い
  • 一人でいる方が好き

理由はこの様に様々ですが、人や人付き合いが元々嫌いで、それを重要視していないと、集団行動が苦手になる傾向があります。

人そのものに苦手意識があったり、興味が無かったりする訳ですから、複数の人と一緒に行動する集団行動が苦手になるのは、ある意味自然な心の動きです。

ただ、人に対する苦手意識を自覚しておかないと、理由が分からないまま苦手な集団行動に参加している状態になります。こうなると、より強いストレスを感じてしまうようになるのです。

  • 人に対して苦手意識を感じる人
  • 一人で行動する事が多い人
  • 単独行動が好きで、抵抗が無い人

は、まずは自分が人に対して苦手意識を持っているという事を認める所から始めてみて下さい。

かつて集団行動で嫌な思いをした事がある

人付き合いが好きな人でも、集団行動が苦手、という人はたくさんいます。そうした人に多い原因として、過去に集団行動で嫌な経験をした事がある、というものがあります。

  • 集団行動をしていたら、仲間外れにされた
  • 集団の中で起きた人間関係のトラブルに巻き込まれた
  • 自分の能力や状態が悪い為に、他の人の足を引っ張ってしまった
  • 一緒に行動する集団の中に足を引っ張る人がいて、迷惑を被った

こうした経験がある人は、人付き合いそのものは好きだけど、集団で行動するようになると抵抗感を感じるようになる人もいます。

過去に実際に起きた事から苦手意識が生まれているので、払しょくするのは少し難しいかもしれません。

しかし、過去に起きたトラブルや問題の悪い点を認め、対策をすればある程度は防ぐ事ができます。苦手意識が強くてつらい時は、過去に起きた問題を振り返り、それを再び起こさないようにする対策を練りましょう。

集団行動が苦手な人は意外と多い

この様に、集団行動が苦手な人はたくさんいます。一見、何でもないように過ごしている人でも、集団行動を苦手に思い、人の目が届かない所でリフレッシュをしている場合もあるのです。

集団行動が苦手な事にばかり注目していると、余計に苦手意識を強め、ストレスを感じやすくしてしまいます。

  • 集団行動が苦手なのは、自分だけじゃない
  • 自分以外にも集団行動が苦手だけど、頑張っている人もいるのかもしれない

こう思うだけでも、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

また、皆苦手に思っていると思えば、自然と自分達が少しでも過ごしやすいような言動を取ろう、とも思えるものです。こうした感情を持ち、思い合う事が出来れば、集団行動でも嫌な思いをしにくくなります。

集団行動の苦手意識を払しょくする対策はたくさんありますが、まずは集団行動が苦手な人は意外とたくさんいる、という事を自覚し、その上で行動する事から始めてみて下さい。

集団行動が苦手でも大丈夫!対処法を覚えよう

集団行動が苦手な人が卓さ煮るのは分かったけど、具体的な対策が分からない、という方も多いかと思います。集団行動が苦手な人でも取り組みやすい対処法をまとめたので、こちらを参考にしてみて下さい。

人に興味を持つ

  • 人に興味が無い
  • 一人で行動する方が得意、機会が多い

という人は、人に興味を持つよう意識すると、集団行動でも過ごしやすくなる場合があります。

集団行動を作っているのは、一人一人性格が違う個性です。実際、集団行動をしている人達の人間関係をよく見てみると、一対一の付き合いや、2、3人程度の小さいグループが出来ている事が分かります。

集団行動というのは、その集団全ての人と仲良くならなくても、人として最低限の付き合いさえできれば、意外と簡単にできてしまうものなのです。

集団行動をしなくてはならない場合は、誰か一人、自分と仲良くなれそうな人や、繋がりがありそうな人に興味を持ってみましょう。

具体的には、

  • 自分と年齢が近い人
  • 自分と同じ部署や、同じ仕事をしている人
  • 直属の上司や、一緒にいる事が多い先輩や後輩
  • 集まった時の席や居場所が違い人

等です。

『こんな些細なつながりで大丈夫なの?』と思う方も多いかとは思いますが、これは仲良くなる事ではなく、興味を持つ事が目的です。ですから、きっかけとなる事は小さい事で十分役立ちます。

興味を持って人と接するだけでも、集団行動への苦手意識や嫌な気持ちを薄れさせる事ができます。また、人に興味を持つ事で、自然と人に合わせた行動を取れるようにもなります。

そこから、興味を持った人や、他の仲良くなれそうな人がいれば、少しずつコミュニケーションを取っていってみましょう。こうすれば、自然と集団行動を構成する一員になる事ができます。

自分の気持ちを大切にして動く

集団行動が苦手な人や、人付き合いが苦手な人の中には、人に気を配ったり、優しくしようとしたりする事に集中してしまい、自分の気持ちを無視してしまう人がいます。

一対一等、少人数の人付き合いなら疲れないのに、集団行動となるととたんに疲れやすくなってしまう人に多い性格です。

この様に、人付き合いで疲れやすい性格の人は、人に興味を持つやり方だと余計に疲れてしまう可能性があります。こうした人は逆に、自分の気持ちを意識しながら行動しましょう。

人の気持ちや変化に敏感な人は、それらの影響を受けやすく、自分の気持ちや状態を無視しがちです。その為、自分の体力や精神力が減り、疲れた状態になっている事に気が付きにくいのです。

集団行動をする時は、人の気持ちや状態だけでなく、自分の気持ちも大切にしましょう。

  • 休憩中は一人になる時間を作る
  • 集団行動の後は一人でゆっくりリラックスする時間を作る

といった対策を取り、集団行動で生まれた疲労やストレスから、心と体を回復させてあげるようにして下さい。

集団行動が苦手でも、対処法を覚えておけば大丈夫

集団行動が苦手な人でも、集団行動の対処法を知っていれば、ある程度は苦手意識を軽減できます。こちらで紹介した対処法は基本的な方法です。この他にも方法はたくさんありますので、自分に合った対処法を探してみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る