就活に適したパンプスの選び方。靴にも求められる清潔感

就職活動においては、服装はもちろんメイクなどに気を遣っている人も多いでしょう。就職活動では、清潔感のある服装や派手になり過ぎないメイクをして、好印象を与えることが大事です。

髪型も顔に前髪がかかっていないか、乱れていないか、など細かい点をチェックすることも大事。では、皆さん靴に関してはどうでしょうか?

人を見る時にはまず靴から見る、と言われるように、靴はその人を現す大事な要素でもあります。営業職などでは履きつぶした靴は仕事をしている証拠、などと言われることもありますが、就職活動ではそうはいきません。

好印象を与え、なおかつ、歩きやすい靴を選ぶことが大事です。特に女性は、ヒールが高すぎると疲れて面接に支障をきたすことも。就職活動に適したパンプス選びについてお伝えします。


就職活動で印象がよくなる靴を選ぶ

就職活動では、第一印象が大事、ということは皆さんよくご存知でしょう。それは靴に関しても言えることです。印象がいい靴とはどういったものでしょうか?

ピンヒールはNG?靴も清潔感が大事

サンダルはもちろんNGですが、高級そうなパンプスを履いていないから面接で落とされる、ということはありません。大事なのは、清潔感があること

  • 落ち着いた印象を与える
  • 泥などの汚れがついていない
  • リクルートスーツなど面接の服装と合っている

といった点を意識しましょう。ハイヒールは派手で不真面目な印象を与えてしまうので避けた方がいいでしょう。

印象がよくなる靴の選び方

具体的にはどういった靴を選べば好印象になるのでしょうか?ポイントをまとめてみました。

素材
パンプスの素材はいろいろですが、おすすめなのは革です。エナメルも多く、履いている人も多いですが、革素材のパンプスの方が落ち着いた印象を与えます。特に転職の場合は、即戦力を求められるので、しっかりした真面目な人、といった印象が大事です。

革素材のパンプスは落ち着いた服装にもぴったり。シンプルで高級感のある素材のパンプスなら、堅実で真面目な印象を与えることができるでしょう。
パンプスにはつま先がとがっている形のものも多いですが、就職活動には合っていません。オシャレな印象よりも、真面目な印象を優先させた方がいいので、先は必要以上にとがっていない、適度に丸い形がおすすめ。

丸すぎたデザインでもカジュアルな雰囲気になってしまうので注意しましょう。

ヒールの高さ
就職活動で10cm以上のハイヒールを履く人はいないと思いますが、適当なのは3~5cm程度です。ヒールが高いと派手な印象を与え、ヒールがないとカジュアルな印象になります。

いっそのことヒールがないペタンコの方が無難では?と思うかもしれませんが、ヒールがないとスマートに見えず、タイトスカートなどのスーツに合いません。高すぎず、低すぎない高さのパンプスを選びましょう。

清潔感があるといっても、就職活動で白のパンプスはNGです。汚れも目立ちますし、一般常識がない、と思われてしまうでしょう。個性を大事にする会社であれば別かもしれませんが、通常は黒でしょう。

落ち着いた印象を与え、大人の女性、といった雰囲気のある黒のパンプスがおすすめです。

靴ずれなどしない歩きやすい靴を選ぶ

見た目の印象も大事ですが、歩きやすい靴選びも重要です。靴ずれができたり、痛くて歩けなかったりすると、面接に集中できないことも。歩きやすく、疲れにくい靴選びのポイントを紹介します。

足にフィットした靴の選び方

歩きやすいパンプスというのは、足にフィットしているかどうかで決まります。靴を選び際には必ず試し履きをして、履き心地を確認しましょう。その際に、次の点をチェックするころとも忘れずに。

  • つま先が伸ばせるか
  • つま先が窮屈ではないか
  • かかとに隙間がないか
  • 足の横幅が合っているか
  • ヒールに安定性があるか
  • 足を曲げやすいか
  • 前にすべらないか

できればシューフィッターなどプロがいるお店で購入するといいでしょう。

ストラップ付きパンプスの選び方

歩きやすいパンプスとして、ストラップ付きもおすすめです。ストラップが足を固定してくれるので、歩きやすく靴ずれもしにくいメリットがあります。

汚れにも注意。就職活動にNGなパンプス

就職活動では、真面目な印象で清潔感があることが大事。それを損なう靴は避けなければいけません。就職活動にNGなパンプスとはどういったものでしょうか?

不真面目、派手に見えてしまうパンプス

職種にもよりますが、スタイリッシュで奇抜な印象が大事、ということではない限り、落ち着いた、真面目な雰囲気が大事です。NGポイントをまとめると

  • ヒールが5cm以上ある
  • パンプスの先がとがっている、または丸くなったデザイン
  • 派手なデザイン
  • サンダル、もしくはオープントゥ
  • 黒や濃紺以外の色
  • エナメルなど派手に見える素材

といったことになります。

汚れているなど清潔感のないパンプス

デザインや色だけではなく、汚れなどがあると清潔感がなくなります。

  • 泥やホコリなど汚れがある
  • ヒールのかかとが削れている
  • 靴の側面やつま先が削れるなど傷みが激しい

などといった点をチェックしましょう。

会社や仕事内容によっては女性らしい配慮が求められる場合もあります。手入れが行き届いていない靴を履いていると、減点されてしまう可能性もあるので、靴も大事に履いたり手入れをしたりしましょう。

就職活動では真面目で清潔感を意識したパンプスを

就職活動では、真面目に見える清潔感のあるパンプス選びをしましょう。汚れや傷みがないことも大事です。服装に合った手入れの行き届いた靴を履いている女性は、仕事に関しても細かい配慮ができ、ていねいに仕事をしてくれる、といった印象を与えます。

靴のせいで落とされる、ということはないまでも、好印象を与えることは大事です。服装やメイクだけではなく、パンプスも大事に手入れをして悪い印象にならないようにしましょう。

また、歩きやすい靴であることも重要。足にフィットしたパンプス選びをしましょう。新品の靴は靴ずれができやすいので、避けた方が無難です。足の痛みと緊張で、おかしな歩き方になってしまうのも避けたいもの。面接では歩きやすいパンプスを履いていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る