お世話になった定年退職の方にメッセージを送ろう!適切な文面とは?

お世話になった方が定年退職を迎えるとき、プレゼントやメッセージを送る機会がでてくるでしょう。そんなとき頭を悩ませるのがメッセージの文面です。

今までの感謝の気持ちと長年の労をねぎらう内容にするのが一般的ですが、適切な文章が思いつかないのです。

長く会社勤めをしていると、職場や親しい取引先の方が定年退職をする機会に必ず遭遇するでしょう。その時になって困らないためにも、今のうちにポイントを押さえておきましょう。

定年退職される人に送るメッセージを作るポイント、文例について紹介していきたいと思います。


印象の残る文章にしたい!定年退職の方に向けたメッセージ作成のポイント

定年退職の方に向けて送るメッセージは定番の文章がいくつかあります。しかし、ありきたりの内容だと相手の印象は薄れがちに。

相手の心に残るような印象深いメッセージを作るためのコツについて、紹介していきます。

定番メッセージは必須

長くお勤めしてきた方に対して、その労をねぎらうこと、お世話になったことへの感謝を入れるのは必須です。

相手の気を引こうとちょっと変わった内容にしようとすると、本来お伝えするべきメッセージが相手にきちんと届かなくなってしまうことがあります。

まずは、「定年おめでとうございます」「今まで本当にお世話になりました」といった内容を必ずメッセージの中に取り込むようにしましょう。

表現の方法も、奇をてらった回りくどい言い方ではなくストレートに気持ちを表現したほうが、素直に気持ちが相手に伝わります。

具体的なエピソードを入れる

定年退職するにあたり、大勢の人からメッセージを送られることと思います。みんな似たような文面の中、受け取った人の目を強く引き付けるのが「具体的なエピソード」です。

定番メッセージの中に具体的なエピソードを盛り込むことによって、気持ちのこもった文章にすることができます。

たとえば、「○○さんと一緒に仕事をするようになって○年。私が悩んでいた時に相談にいろいろと乗っていただいたこと、本当に感謝しています」

といったように一つでいいので何かしら具体的名内容を盛り込んでみましょう。

メッセージ作成の注意点

定年退職祝いのメッセージを作成するときに、避けておきたい表現など注意点を紹介していきます。

ゆっくり過ごしてくださいは避ける
定年退職後は悠々自適の生活を送るというのは一昔前の話。最近は定年を迎えてもまだまだ元気な人が多いのが現状です。

定年後も再雇用で働く、別のところで仕事をする、ボランティア活動にいそしむなど精力的に活動する人が増えています。

そのような状況で「ゆっくりお過ごしください」といったフレーズは、適切ではありません。

メッセージを送る相手が定年後、どのように過ごすのかわからないときは、余計にこういったフレーズは使わないほうがいいでしょう。

忌み言葉は避ける
定年退職はお祝いに該当しますので、死や病気を連想させる表現は使ってはいけません。

「死(四)」「苦(九)」「倒れる」「枯れる」「折れる」「切れる」といった忌み言葉は避けましょう。

これらの点に注意しながら、文章を考えてみましょう。

メッセージ作成時に役立つ文例集!定番文例を紹介

定年退職祝いのメッセージの文例を参考にすると、メッセージを作成するときの参考になると思います。

子供から親に向けたメッセージ

定年退職の方向けのメッセージは、送る相手に合わせて文面を少し変えるのが理想です。

両親や義理両親の場合、普段は照れくさくて言いづらいと思いますので、これを機会にメッセージを送って感謝の気持ちを伝えてみましょう。

「お父さん(お母さん)今までお仕事お疲れ様でした。これからは、お母さん(お父さん)と過ごす時間も増えると思いますので、2人で満喫してください。くれぐれも健康に気を付けて長生きしてください。」

「お父さん(お母さん)長年のお勤めお疲れ様でした。家族が無事に今日まで過ごすことができたのは、お父さん(お母さん)のおかげです。本当にありがとう。これからは、自分の好きなことに時間を使って楽しんでくださいね。」

「お父さん(お母さん)、長い間お仕事お疲れ様でした。家族一同、とても感謝しています。これからも健康に気を付けて長生きしてください」

といったようなメッセージを送ったら、きっと喜んでくれるはずです。

会社の先輩、親しい取引先の人に送るメッセージ

会社の先輩やお世話になった方、取引先の人など仕事関係の人が定年退職するときのメッセージ文例を紹介します。

「長い間お疲れ様でした。在職中は本当にお世話になり、心から感謝しています。今後の御多幸をお祈りしています。」

「定年おめでとうございます。長い間、本当にお世話になりました。」

「定年おめでとうございます。在職中のご厚意に深く感謝いたします。今後のご活躍をお祈りいたします」

特に親しかった人には、もう少しくだけた文章を送ってみましょう。

「在職中はお世話になり、ありがとうございました。ますます精力的で素敵な先輩でいてください。これからもお体を大切に元気でいてください。」

「○○さん、長い間、お疲れ様でした。○○さんがいなくなるととても寂しくなりますが、みんなで頑張っていきたいと思います。これからも体に気を付けて元気にお過ごしください」

など、少しくだけた言い方にすることで親しみのこもった文章になります。

文例を参考にオリジナルメッセージを作ってみよう!

今までお世話になった職場の先輩や取引先、両親、義理両親などに定年退職のお祝いメッセージを送りましょう。

定番の文章だけでなく、オリジナルの要素を加える、相手に合わせて言い方を変えることでより印象的な内容に仕上げることができますよ。

受け取った人の喜ぶ顔を想像しながら、オリジナルの文章を考えて作ってみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る