添削の仕事内容とは。長期、短期を選べる文字に関わるお仕事

添削の仕事と聞いて何をイメージするでしょうか。国語の句読点の打ち方や接続詞の修正。というイメージが想像されます。しかしこれらだけでなく、解答欄の端に書かれた先生のアドバイスも添削の仕事です。

この記事では学習塾などで募集されている添削の仕事の内容と、得られるメリットと注意点をご紹介。この仕事に向いている人も紹介しています。

添削の仕事は採用される場所によって、マニュアルが支給されるので未経験の方でも安心。会社に出向かずとも自分のペースで作業もできる場所もあるので、家にいながら副業をしてみたいという方におすすめです。

「添削の仕事は採点となにが違うのか」と思っている方はもちろん、「メリットだけじゃなくデメリットも教えてほしい」という方にも読んでいただきたい記事です。


添削の仕事内容とは。間違いを正すだけでなくアドバイスも書き加える

添削の仕事は、子どもの学習塾や社会人の資格の通信講座などでの添削指導が主。採点業務と一緒になっていることが多いですが、マルやバツを付けるだけで終わらずそこにアドバイスや解答のポイントを書き加えていきます。

見るポイントはどこか、どんな解答をすれば合っているかなどの模範解答を見ながら、あるいは採点基準を定めた人と相談しながら、赤ペンで添削を行っていきます。

自由回答であれば文章の組み立て方の正誤だけでなく、「このポイントがあればもっと点数が良くなる」といったアドバイスを書き加えます。

算数や数学で回答に間違いがあっても、バツをつけるだけに留まらず、正解へ導く方法を分かりやすく補足し、生徒の学ぶ力を失わせないようにコメントをするのも添削の仕事です。

採用される企業によっては生徒との距離を大切にし、「ステキな考え方だね!」「おしい!○○を忘れないで!」などのフレンドリーなひと言コメントを付ける場合もあります。

国語の文章に限らず、英語など他言語の文章添削も募集されることがあります。会社によっては中高生の小論文の添削や、学生の論文添削などもあり、高度な理解力や文章力を求められるでしょう。

責任感のある人と慎重な性格の人に向いているお仕事

文章を書く場合は読みやすい字が好まれます。字のキレイさには自信があるという方におすすめです。この長所だけでなく、与えられた模範解答と照らし合わせて、正確に正誤をチェックできることがなにより求められています。

慎重な性格の方はもちろん、自分が書いたアドバイスに責任感が持てる人におすすめします。

生徒は返却された答案用紙に書かれたアドバイスを信じて勉強し直します。不適当なアドバイスでは新たな混乱、最終的に間違ったまま修正できなくなってしまいます。

別の採点者がダブルチェックを行い、不適当であれば指摘しますが、その前に、アドバイスすることに責任が伴うことを自覚していきましょう。

採用される会社によっては子どもとコミュニケーションをとる必要があるので、子どもと話をするのが好きという方にもおすすめできる仕事。あなたのやさしいアドバイスが、考え方を変えるキッカケにもなるかもしれないのです。

また、添削業務の体勢は2通りあり、自宅で添削を行ったり、外に出向いて添削を行ったりと、自分の生活スタイルに合わせた仕事をしたい人にも向いています。

作業が遅いから向いていないかもと考えている方でも大丈夫。添削速度は後からついてくるので、確認作業がいつも遅いと感じる方でも慣れると素早く作業ができます。

業務期間や方法など、添削の仕事のメリットと注意点

添削業務は3つの方法があり、

  • 採点会場や会社に行き添削を行うケース
  • 生徒の解答用紙を受け取り自宅で採点・添削するケース
  • WEB上で採点・添削を行うケース

があります。会社に出向くケースでは、解答用紙を直接受け取り自宅で採点、後日郵送したり、直接返却することが多いです。この場合、一定の枚数をこなすと業務が終了するので、締め切り期限に注意しながら自分のペースで業務が行えます。

塾などに出向いての作業は長期に業務でき、受験シーズンでは小論文の模擬試験の添削者を募集していることがあり、自分の都合にあった仕事の期間を選択可能です。

WEB上での採点・添削は、データでのやりとりのため家にいながらの作業が可能。マニュアルを同時に渡されるので、はじめて添削をする方でも安心です。マニュアルを見ても分からない解答は、相談窓口で問い合わせてもできます。

そして、解答用紙を通した相手とのふれあいから、分かりやすくアドバイスを伝える力が発揮させないといけないため、文章力を鍛えたいという方にメリットがあります。

メリットが裏返しになる、覚えておきたい注意点

一見簡単そうに思える添削の仕事にも注意点があります。その一つは、単純作業が苦手だと苦痛に感じること。

同じ内容の答案用紙を採点し、模範解答と照らし合わせてアドバイスを送る。この作業が面倒に感じてしまうと、作業にも支障が出てしまいます。

また、自宅やWEB上での作業は歩合制であることが多く、会社が指定した枚数をこなさないと満足にお金を得られない場合もあります。会社によってモチベーションアップのために一定の枚数をこなすと一枚当たりの金額がアップするなど設けられています。

これら以外にも、採用する人は短大や四年制大学を卒業していることを前提としており、会社によって教員資格が必要になることも。教員として働いたことがなくても、アルバイトで塾講師をしていた経緯があれば採用にとても有利になります。

自分に合った添削の仕事を探してみよう

これまで添削の仕事についてご紹介してきましたがいかがでしたか?添削をこれから始めたいという方は、まずはメリットに注視するだけでなく注意点をおさえてから準備してみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る