転職中の髪色、どうしよう…。髪に関するルールまとめ

転職の際、身だしなみの一環として気になるのが、髪色です。転職は就活の様にマナーが明確ではないので、どうしたらいいか分からないと感じている人が多いのです。

髪色は第一印象にも深く関わる為、人によっては染め直した方が良いのですが、その基準が分からないと、少し困ってしまいますね。

就活に比べ、マナーが明確ではない転職ですが、転職活動にも基本となるマナーが存在しています。これに加え、髪色の許容範囲は業種ごとに違うので、それについても知識が必要です。

転職の髪色に関する基本マナーと、業種ごとに違う髪色の印象や許容範囲をまとめました。これから転職を考えている人、特に近い内髪色を変えようと思っている方は、ぜひご覧下さい。

転職中の髪色、基本は黒色で。清潔感のある髪色にしよう

転職中の髪色には基本となるマナーがあります。まずは基本である色と、染める場合どこまでなら染めていいのかを覚えておきましょう。

一番気を付けるべきは、清潔感

転職活動で一番気を付けるべきポイントは、清潔感です。

これは、

  • 髪型
  • 髪色

に関係無く、第一優先されるマナーだと思って下さい。

黒髪等、問題視されないような髪色でも、

  • 髪がボサボサ
  • 寝ぐせ
  • フケ
  • ロングヘアなのにまとめられていない

等、清潔感を感じさせない状態になっていれば、マイナス評価を付けられてしまいます。

転職中の髪は、清潔感のある、社会人として正しい色・形に整えておきましょう。

髪色は黒が一番問題ない

転職活動中、髪色に悩んだら黒が一番無難です。人によっては髪色が黒ではなく、茶系の人もいます。この様な場合は、自分本来の髪色です。

黒、地毛の髪色は採用担当者にマイナスのイメージを抱かれにくいです。転職活動をする場合、一番無難な色なのです。

業界や企業によっては、黒色である事がマナーとなっている場合もあります。髪色で悩んだら、黒、又は地毛の色にしましょう。

ただ、黒色でも注意した方が良い点はあります。

髪色の中には黒に緑や青、紫等を入れるカラーリングがありますが、この様なカラーは社会人らしくないとみなされてしまう場合もあります。この様なカラーリングをしている場合は、本来の色に戻すようにしましょう。

染める場合は色味を押さえた色調で

女性の場合、男性に比べて少し染めていても許される場合があります。

具体的には、

  • ダークブラウン系
  • 色調の落ち着いたカラー

は許容範囲である事が多いです。

髪色は『トーン』という単位で表現されています。数字が大きくなれば明るく、小さくなれば暗い色調になります。転職活動の場合は、5トーン以下、明るさの限界でいえば6~8トーンが限界になります。

日本人の髪は5トーン以下である事が多いとされています。髪色を戻したい場合や、自然な色に染めたい場合は、5トーン以下を選びましょう。

  • 髪色を茶色にした方が良い印象になる
  • 茶系の白髪染めを使っている

といった場合は、6~8トーンの茶系を使うようにして下さい。

カラーによっては、トーンを守って染めても、髪質によって明るい色に見えてしまう場合もあります。また、写真撮影の時にも、本来の髪色よりも明るく映ってしまう事がありますので、注意して下さい。

カラーリングが上手くできるかどうか心配な場合は、美容室で染めてもらうようにしましょう。美容師さんも、転職活動があると伝えられれば、それに合わせた髪色で染めてくれます。

業界によって髪色マナーは様々。業界別で髪色の印象を紹介

髪色は基本マナーとして黒か色調の落ち着いた茶系が無難です。しかし、業種や企業によって、髪色の許容範囲は細かく違います。業種別の髪色について解説しますので、自分が希望する分野のチェックをしてみて下さい。

業界によって違う髪色マナー

実は、髪色の許容範囲は

  • 業種
  • 企業

によって細かく違います。

例えば、

  • 医療
  • 介護
  • 金融
  • ホテル関係
  • 航空
  • 鉄道
  • 不動産関係
  • 電気関係

等は固い社風である事が多く、黒髪の方が望ましいとされています。

反対に、

  • IT系
  • 美容系
  • アパレル

等は他の業種に比べ、髪色の制限が緩い所が多いです。

これに加え、

  • 企業の歴史の長さ
  • 社風
  • 外資系かどうか

によっても、髪色の許容範囲は違います。

同じ業界の企業でも、これらの特徴によって髪色の許容範囲が大きく違う場合もあるのです。

こうした業界や企業ごとに違う髪色の許容範囲に悩んだら、

  • 転職エージェントに相談する
  • 企業のホームページで働いている人の髪色を確認する
  • 転職先の企業(人事・労務)に問い合わせてみる

といった対処を取り、どれ位の髪色なら間違いが無いかを確かめておきましょう。

保守的な業界

基本的に、

  • 歴史が長い企業
  • 固いイメージが強い業種

は、髪色は黒にした方が良いです。

企業によっては、髪を染めること自体に難色を示している場合もあります。固いイメージが強い業種や企業に応募するなら、黒、又は地毛の色に戻した状態で挑むようにしましょう。

こうした固いイメージの強い業種や企業では、他の企業に比べて身だしなみをチェックする目が厳しい事が多いです。髪色だけでなく、髪型やメイク等、他の身だしなみ要素にも細かいチェックをしてから応募に挑むようにして下さい。

自由な企業が多い業界

  • 自由な社風が多い業界
  • ある程度オシャレを求められる業界
  • スタートアップしたての企業
  • 外資系の企業

は、髪色の制約が緩い事が多いです。

とはいえ、

  • ピンク等の奇抜さを感じられる髪色
  • 金髪に見える程明るい茶色
  • メッシュやインナーカラー

等はあまり良い印象を持たれない事が多いです。

基本は

  • 黒、又は地毛
  • 色調を押さえた茶色

を心がけて下さい。

いくら自由とはいえ、転職活動中は社会人として常識があるかどうかもしっかりチェックされています。採用試験を受けるのに不自然な髪色は避けるようにしましょう。

髪色のおしゃれは内定をもらい、働き始めてからでもできる事です。まずは転職活動を成功させる事に集中して下さい。

転職中は清潔感のある髪色を心がけよう

転職活動中、一番大切なのは、清潔感を感じさせる髪色・髪型であるかどうかという点です。転職活動中の髪色は、黒か暗めの茶系にし、落ち着いた髪色になるようにしましょう。

応募する業種別に髪色にも細かな違いがありますので、それにも注意するようにして下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る