共働きでの夕食作りは大変!手間を減らして食事を楽しむことが大切

夕食は明日への活力やエネルギーです。家族に良いものを食べさせたいけれど、共働きで疲れて料理がしたくない。

キッチンに立つ時間を短縮し、調理の手間を減らして夕食を作ってみませんか?

この記事では手間を省いた夕食の提供の仕方をご紹介しています。また「スーパーやコンビニのお総菜だけで毎日済ませるのはイヤで、どうにか変えたい」というお悩みをお持ちの方にもぜひ読んでいただきたい記事です。

料理が好きな方や苦手な方、お子さんがいるご家庭にも対応できる方法で、あらかじめ加工しておいたり、宅配を利用したりなど、できるだけ調理の手間と時間を減らすことを重視しています。家族との時間を増やして、夕食を楽しんでみましょう。


手作りの夕食を作りたい!時間と手間をできるだけ省く方法

特に料理が好きな方や、お子さんがいるご家庭で活用できる方法です。これから夕食の手間の減らし方を見ていきましょう。

食材宅配を利用する。夕飯を考える時間がゼロに!

材料を買う時間がなく、献立を考えるのも大変。そんなときは食材宅配「料理キット(ミールキット)」を利用してみましょう!

食材がすでに下ゆでしてあったり、カットされたりなど加工された状態で届くため、調理時間の短縮はばっちり。煮るだけ、焼くだけなど調理行程も簡単で1時間以内で料理が完成します。

レシピを見ながらできるので料理が苦手な方も失敗しません。毎日手作りの夕食を提供できるのでお子様にも安心ですね。

料理のレパートリーを増やしたい方には食材キットがおすすめ。レシピは付いてきますが、食材がそのまま宅配されてきます。

あらかじめ下ごしらえを済ませたものを使う

休日や朝の時間を使って、食材をカットしたり漬け込んでおく方法です。肉や野菜などを食べやすい大きさに切ったり、肉をタレに漬けるなど冷蔵庫で保存しておきます。

夕食になったらこれらを取り出して、煮るだけ、焼くだけになるので包丁いらず。疲れたカラダにあまり負担がかかりません。

また、玉ねぎやほうれん草などの野菜をカットして冷凍しておくと、炒めたり煮込んだりする料理に便利。このデメリットとしては、休める時間が加工作業で潰れてしまうということです。

切って焼くだけ、煮るだけなど調理行程が短い献立にする

揉み込む、漬け込む、油で揚げるなどの調理時間が長い行程をしない料理を選択してみる方法です。レンジでチンするだけで時短ができるおひたしや、フライパン一つで焼き上げられるステーキなどがそれにあたります。

洗い物も少なく、食材の加工も少ないためかなりの手間が省けます。ただし、あまりやりすぎると手抜きと思われてしまうのでほどほどに。

家族と相談して夕食事情を解決。ケンカするリスクも減る

宅配を利用することも、料理することも難しい。そういった場合はお総菜などを活用したいところですが、まずは家族と相談しておきましょう。

スーパーのお総菜ですませるときは必ず相談

購入した惣菜をそのまま夕食に出す方法です。本当に疲れた時は仕事帰りの途中で寄っていって、これだけで済ませてしまいたくなります。

しかし中には、惣菜を出されるのが嫌いという方もいます。別れてしまうキッカケにもなり得るので、必ず相手と相談するのが大事です。

週2はお総菜で、ごはん、みそ汁だけは作りたてを提供する。週末は外食をしたり、手の込んだ料理を作るなど、手間を省いた夕食でも許容してくれるように話し合いをしておきましょう。

夕食を家族と一緒にとって、安心感を得る

一緒に暮らしているはずなのに行動パターンが違う。すれ違いが起こりやすく、どうしても互いがぴりぴりとしている、というお悩みのある方。

朝食や昼食はバラバラでも、夕食だけは一緒にとってみてください。どんなに忙しくても一日の終わりを2人で、家族で過ごしましょう。互いに「ここは安心できる空間」だと感じさせます。

先に夕飯を済ませてしまっていても、相手の側にいることが大切。無理に会話を広げようとする必要はありません。

手間を省いて家族にもうれしい夕食を

ここまで共働きでの夕食の提供の仕方をご紹介してきましたがいかがでしたか?夕食の提供方法は、作ることに重きを置いたり、惣菜で済ませたりと家庭によってさまざまです。

家族の要望を取り入れながら、夕食の時間を楽しんでみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る