疲れが取れる寝方は寝る前の準備から!安眠のコツを徹底解説

疲労回復の要ともいえる睡眠。働く女性にとって、睡眠はとても大切な要素です。

  • 睡眠時間はしっかりとっているのに、疲れが取れない
  • 明日の仕事を万全する為にも、疲れが取れる寝方がしたい

という方は、睡眠の方法を変える必要があります。

実は、疲れをしっかりとる寝方にはコツがあり、それは寝る前の準備が深く関わっています。ぐっすり眠る為の睡眠の仕組みと、それをうまく発動させるためのコツをつかめば、誰でも疲れがしっかりとれる睡眠ができるのです。

今回は、疲れが取れる寝方をテーマに、ぐっすり眠れるテクニックを紹介します。


疲れが取れる寝方にはコツがいる

疲れが取れる寝方をするには、体が眠りに入る仕組みと、それを発動させるコツが重要です。まずは人が眠りに入るメカニズムと、それを動かす為の基本的な知識を解説していきます。

ぐっすり眠りたい時のポイントは「温度」

ぐっすり眠りたい時は、出来るだけ寝入りをよくする必要があります。寝苦しい状態で長く過ごしてしまうと、その分睡眠時間が削られてしまうので、体の疲れが完全にとれない状態になってしまうのです。

これを避けるには、出来るだけ寝入りをよくする必要があります。そこでポイントになるのが、体温の上下です。

人がぐっすり眠れる寝方をする為には、体温が重要になります。というのも、人が眠気を感じるには、体温を下げる必要があるのです。寝付きをよくするには、この体温の上下が起きやすい状態を整えてあげる必要があります。

その為には、眠る時だけでなく眠る前の行動も大切になるのです。

布団に入る前の行動が安眠のカギ

体温を下げる、というと体を冷やせばいいのか、と考えがちですが、そうではありません。むしろ、体を温め、体温を上げる必要があるのです。

体を一時的に温めておくと、自然と平熱の状態に体が戻ろうとします。この時に生まれる体温の上下が、体を眠りやすい状態に持って行ってくれるのです。

体温の上下を生み出すには、

  • 食事
  • 入浴

を活用して体を温めていくのが効率的です。

また、パソコンやスマホのような、眠りを妨げる刺激も極力少なくする必要があります。眠る前の刺激は脳や体に緊張をもたらし、寝付きを悪くしてしまう効果があります。

眠る前には、

  • 体温が自然に下がり、寝付きが良くなるような工夫をする
  • 脳や体に与える刺激を最小限にし、リラックスした状態を作る

といった工夫が大切になります。

疲れが取れる寝方をするには、お布団に入る前からの準備が大切なのです。

疲れが取れる寝方はこれだ!安眠を生み出す就寝法

では、疲れを取るにはどのような工夫をすればいいのでしょうか。寝入りをよくする方法を具体的に説明していきますので、ぜひ実践してみて下さい。

夕食は体を温める物を、寝る時間よりも早く取る

体を温めるには、夕食に温かい食べ物を食べると効果的です。夕食はスープ等の温かい食べ物を中心に食べるようにし、冷たい物や体を冷やす効果のある食べ物は避けるようにしましょう。

ただ温度の高い食べ物を食べるだけでなく、食べ物に含まれる栄養や薬効も活用していきましょう。

栄養素の中には、体を温める効果のある物があります。

  • たんぱく質
  • 炭水化物

といった、体のエネルギーになる栄養素は、体を温める効果が期待できます。

疲れを取りたい日は、これらの栄養素を含んだ食材を、いつもよりも多めに取りましょう。

この他、

  • トウガラシ
  • ショウガ
  • シナモン
  • ブラックペッパー

といった、体を温めるスパイスを活用するのもおすすめです。

この他では、安眠効果やリラックス効果のあるハーブも、睡眠の質を高めてくれる効果があります。料理にスパイスと一緒に取り込むのはもちろん、食後のハーブティーとして飲むのも効果的です。

睡眠のとりやすい食事は、食べ物だけでなく食べる時間にも気を付ける必要があります。眠る直前に食事を取ってしまうと、寝ている間に消化活動が行われます。消化活動の分だけ体力が消耗してしまいますから、寝る直前の食事は避けましょう。

疲れを取りたい時は、就寝時間の2~3時間前に食事を終わらせるようにすると、丁度良く眠気が来るようになります。

ぬるま湯のお風呂にゆっくりつかろう

食事だけでなく、入浴の時も工夫が必要です。ぐっすり眠りたい時は、ぬるま湯のお風呂に入るようにしましょう。

ぬるま湯のお風呂には、

  • 副交感神経を優位にして、リラックスした状態を作る
  • 緩やかに体を温めて、寝付きやすい状態の体温にしてくれる

といった効果が期待できます。

入浴剤の中にはリラックス効果のある香りや成分が入っている物もありますから、こうしたタイプの入浴剤を活用するのもおすすめです。ゆっくり湯船につかって、体の緊張をほぐしてあげましょう。

注意してほしいのが、お風呂の温度です。ぬるま湯程度ならリラックス効果や寝付きをよくする効果が期待できますが、温度が高すぎるとそれが刺激になり、逆効果になってしまいます。お風呂に入る前に、温度をチェックしておきましょう。

眠る前のブルーライトは厳禁!

眠る前にスマホやパソコンを使っていると、スマホやパソコンのブルーライトが脳を刺激してしまい、眠りにくい状態になってしまいます。寝ついても睡眠の質が下がってしまい、ぐっすり寝ても疲れが残りやすくなるのです。

寝る前の30分~1時間前は、スマホやパソコンを触らないようにしましょう。眠る前にはできるだけ脳を刺激しない、リラックスした状態を作る事が大切です。

眠る前は、

  • 軽いストレッチ
  • アロマテラピー

等を行い、体の緊張をほぐしてあげましょう。

体の緊張がほぐれると、血行が促進され、体が温まりやすくなります。食事や入浴の効果をより高めてくれるので、寝付きやすい状態を作ってくれます。適度にリラックスした状態は、睡眠の質を高める効果もありますから、一石二鳥です。

疲れが取れる寝方はコツをつかめば誰でも簡単にできる

疲れが取れる寝方は、ちょっとした工夫で誰でも簡単にできます。人が眠りに入るメカニズムを理解し、それを食事や入浴に取り入れれば、自然と質の高い寝方になるのです。

普段から質の高い睡眠をしていれば、仕事やプライベートにも良い効果をもたらしてくれます。ぜひ、毎日の生活の中に、疲れが取れる寝方のコツを取り入れてみて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る