朝食におすすめの食材5選!時短朝食テクニックもあります

毎日の始まりに食べる朝食は、働いているとちょっと厄介なものでもあります。

朝の忙しい時間に、凝った料理を作るのは大変ですし、かといって、単純な料理だとそのうち慣れてしまって、朝食を食べる気すら起きなくなってしまう事もありますね。

そんな朝食には、

  • 眠っている間に減ったエネルギーの補充
  • 眠っている消化器官を起こす為のスイッチ

といった、健康に重要な役割があります。朝食を抜いていると、体に悪い影響を与えてしまうのです。

そんな難しい朝食ですが、あるポイントを押さえれば楽に、健康的に用意ができるようになります。

そのポイントというのが、食材です。

  • 朝に取ると良い栄養素を含んでいる
  • 朝でも簡単に調理できる

この2つの要素を満たしている食材を中心に朝食を作れば、健康的に過ごす事ができるようになります。

今回は、朝におすすめの食材を紹介します。併せて、朝食の準備を楽にするテクニックも紹介するので、ぜひご覧下さい。


朝食におすすめの食材はコレ!朝に食べたい食材5選

朝におすすめの食材はたくさんありますが、その中でも栄養面で優れている物や、調理の必要があまりない物や、簡単な物をまとめました。こちらを参考に、朝食メニューを考えてみて下さい。

卵は高い栄養を含み、調理も簡単な食材です。賞味期限内で殻が割れていなければ、生のままでも食べられます。調理のバリエーションも多いので、自分の体調や朝食準備に回せる時間によって、メニューを変えられるのも嬉しいポイントです。

卵には

  • 良質なたんぱく質
  • 脂肪
  • ビタミン
  • ミネラル

が含まれています。

卵一つ食べるだけで、朝に必要なエネルギーをしっかりとる事ができるのです。

ただ、そんな卵にも欠点はあります。それは、ビタミンCが含まれていない事です。ビタミンCは日中よりも夜に取った方がいいビタミンなので、朝に卵を取ったら夕食のタイミングでビタミンCを取るようにしましょう。

ナッツ類

おつまみやおやつのイメージが強いナッツ類ですが、

  • 良質な脂質を含んでいる
  • ビタミンEをはじめとした、良質なビタミンを含んでいる
  • 食物繊維が豊富
  • 満腹感を持続させる

といった効果がある為、朝食にも向いています。

忙しい日はそのままのナッツをかじるだけでもいいですし、少し時間があれば、砕いたり他の食材と一緒に調理したりして、朝食のアクセントとしても活用できる食材です。

ちなみに、ナッツには塩で味付けされた物や、油で調理された物が多いですが、より健康に気を付けるなら、無塩タイプや油を使わずにローストされたタイプがオススメです。

最近はスーパーやコンビニでも、無塩タイプや油を使っていないタイプのナッツが販売されています。塩分や脂質に敏感な人は、探してみて下さい。

大豆食品

大豆製品には、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミンB1や葉酸等のビタミン
  • カルシウムや鉄分等のミネラル

といった、大豆が持っている栄養素が豊富に含まれています。

お豆腐やお味噌汁といったメニューを朝食に加えるだけで、気軽にこれらの栄養を摂取する事ができるのです。大豆製品は種類も豊富にあるので、朝食のバリエーションを増やしたり、時間に合わせて食品を選んだりといった事もできます。

最近は大豆を食べる使った健康食品もたくさんあります。中には通勤中でも食べられるようなタイプも多いので、そういった健康食品をカバンの中にいつも常備しておくのもオススメです。

ほうれん草

ほうれん草は、朝食にオススメな野菜です。調理が比較的簡単ですが、しっかりと栄養を含んでいます。

ほうれん草には、

  • カロテンやビタミンE等のビタミン
  • カリウムや鉄分等のミネラル
  • 食物繊維

等が含まれており、朝に不足しがちな栄養を補ってくれるのです。

綺麗な緑色は朝食の見た目を華やかにしてくれる効果もあり、食欲を増進させてくれます。油で調理すれば含まれる栄養を吸収しやすくなるのも嬉しいポイントです。

ゆでたり、炒めたりといった調理が面倒な場合は、生のまま食べられるサラダほうれん草を活用しましょう。他の野菜と一緒にサラダとして食べられるので気軽に食べる事ができます。

アボカド

健康だけでなく、美容にも力を入れたい人にオススメなのがアボカドです。

アボカドには

  • ビタミンEやビタミンB群等のビタミン
  • リノレン酸等の不飽和脂肪酸
  • カリウム等のミネラル

が豊富に含まれています。

アボカドに含まれる栄養素は肌を健康な状態に保ってくれる効果があり、肌トラブルの予防や改善を手助けしてくれるのです。

クリームのような食感は朝の食欲が無い時でも食べやすく、他の食材とも合わせて使う事ができます。特に、良質なたんぱく質を含んだサーモンとの組み合わせがオススメです。

朝食作りを楽にするテクニック

朝食をとる習慣を身につけるには、朝食に向いている食材を知っているだけでは不十分です。朝食づくりを手軽にしてくれる、調理のテクニックも知っておく必要があるのです。食材だけでなく、以下のテクニックも活用してみて下さい。

前日に下準備しておく

朝食に使いやすいメニューの中には、下準備の状態で保存できるものも多いです。前日にある程度準備をしておけば、朝食を作る時の手間を大幅に省く事ができます。

テクニックの具体例としては、

  • お味噌汁やスープは前日に作っておく
  • 食材を調味料と一緒に保存パックに入れておき、下味をつけておく

といったテクニックが有効です。

下準備のテクニックの中には、1週間持たせる事ができるものもあります。休日に1週間分の朝食を準備してしまう、という事もできるのです。

そのまま食べられるレシピを活用

食材の所でもいくつか触れましたが、食材の中にはそのまま食べられる物も多いです。そのまま食べられるという事は、調理の手間をあまりかけなくても食べられるという事でもあります。

朝食のメニューを考える時は、

  • そのまま食べられる食材を使ったレシピを中心にする
  • 焼く、煮る等の1工程でできるレシピを採用する

と、朝食の準備にかかる手間を大幅に減らす事ができます。

  • 朝の準備に時間をかけたくない人
  • 忙しい事が多い人

は、そのまま食べられる食材を常備しておくのがオススメです。忙しくてもすぐに食べられるようにしておけば、忙しくてもしっかり朝食を取る事ができます。

体に良い食材は朝に食べるのがおすすめ。朝食で健康を手に入れよう

体に良い食材は、朝起きた体に足りない栄養を補給してくれます。朝食をしっかり食べて、健康的な体を手に入れて下さい。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る