うつ病からの復職が怖い、不安と上手く向き合うコツを知っておこう

日本国内のうつ病患者数は112万人(厚生労働省HPより)いると言われています。これは、治療を受けている人の数ですから、滞在的な患者数を含めるとさらに数が増えると予測されます。

うつ病をきっかけに仕事をしばらく休むことになった人も多いでしょう。病気が回復してきたら、復職を考えると思いますが、いざ復職となると恐怖心が沸いてくるのはごく自然なことです。

しかし、怖いからといって仕事にいかないわけにはいきません。ここでは、うつ病からの復職を不安に感じる人のために、うつ病と上手く向き合うコツを紹介していきたいと思います。

焦らないことが大切!復職に向けた準備から始めよう

うつ病の回復に効果があると言われているのが、休養を取ることです。ストレスや悩みなどが重なって、精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けてしまうと、うつ病を発症しやすくなります。

そして、仕事をしばらく休んで病状が回復してくると職場復帰を考えるようになるでしょう。スムーズな職場復帰するためには、しっかりと準備しておくことが大切です。

職場との打ち合わせ

主治医と相談したうえで職場復帰のめどがたってきたら、職場に出向いて復帰に関する打ち合わせをするようにしましょう。

勤務先と打ち合わせをするときは以下の点をよく話し合うようにしてください。

勤務時間
職場復帰後、いきなり休職する前の勤務時間に戻してしまうと仕事のリズムに追いつくのが大変です。そこで、しばらくは時短勤務をお願いするといいでしょう。
働く環境
うつ病になった主な原因が職場であった場合、部署や仕事内容を変えてもらえないか相談してみましょう。復職後も同じ状況だった場合、再発リスクが高くなります。
体調悪化時の扱い
うつ病は回復の判断が難しくしかも再発しやすいのが特徴です。休職している間は回復したようにみえても、復職後に再発するケースは少なくありません。

もしも、復職後に体調が悪化してしまったときの対応について、事前に相談しておくと安心です。

うつ病からの職場復帰に対して適切に準備してくれている会社もありますが、会社によってはうつ病患者に対する制度自体が整っていないことがあります。

不安な点などは必ず会社の担当者に話しをしておくと、少しは気持ちが軽くなると思います。

生活リズムを整える

うつ病患者は薬物治療などを受けることが多いです。すると、薬の影響によって生活リズムが安定しなくなることがあります。しかし、仕事をすることになったらある程度生活リズムを整える必要が出てきます。

職場復帰が決まったら、会社勤めをしていた頃と同じ生活リズムに戻す練習を始めましょう。

起床や寝る時間、ご飯を食べる時間なども休職前の時間帯に戻していきます。

シミュレーションをしてみる

生活リズムを整えることができたら、今度は出勤シミュレーションをしてみましょう。

会社に行くような格好に着替えて、電車や車に乗って実際に職場の近くに行ってみるのです。

職場復帰プログラムを受講する

うつ病からの復職者を対象とした職場復帰プログラムに参加してみるのもおすすめです。

そのようなプログラムは、主治医から紹介してもらうか、自分で調べて見つけることができるでしょう。

職場復帰プログラムは、職場復帰しやすいように内容が組まれています。また、同じくうつ病からの復職を目指す人たちとも触れあうことができ、励みにもなるでしょう。

無理しないことが重要!職場復帰のときに心得ておきたいこと

うつ病から回復して職場復帰しても、その後うつ病が再発してしまうことも少なくありません。

職場復帰する際には、無理をしないことが大切です。ここでは、職場復帰で気を付けたいことを紹介していきます。

無理をしないこと

休職していた負い目もあり、復帰後は必要以上に仕事を頑張ってしまうことがあります。特に責任感が人一倍強い人は、そういった傾向に陥りやすいです。

しかし、無理は禁物です。無理が重なると高い確率でうつ病を再発してしまうからです。そこで、体調や気分がすぐれないときは無理をしてでも働いてはいけません。

体調管理を記録する

自分の心身の状態を客観的に判断するのは難しいものです。そこで、復職後に体調管理記録をつけてみましょう。睡眠や食欲、体調などをその日ごとに細かく書きとめてみましょう。

自分の心身状態の特徴を知っておくと、対策も取りやすいですし、主治医にも相談しやすくなると思います。

通院を続ける

うつ病から回復してもしばらく通院を続けることをおすすめします。うつ病は再発率の高い病気ですから、復職後に発症する確率が非常に高いのです。

定期的に通院することで主治医も体調の変化や異変に気が付きやすくなります。早めに対策を取ることで、うつ病の悪化を防げるようにもなります。

ストレスを発散する

うつ病の原因となり得るのがストレスです。職場復帰するとストレスもたまりやすくなり、うつ病再発リスクを高めてしまうようになります。

うつ病患者はストレスをためやすい傾向にあります。休職中に自分なりのストレス発散方法を見つけておき、職場復帰後も適度に発散することが大切です。

不安が大きいのは初日だけ

休職していた期間が長くなるほど、復帰するのが怖くなるでしょう。

  • 通勤中に気分が悪くならないか
  • 会社の人の対応が気になる
  • 仕事をこなせるかどうか

など、不安を挙げたらきりがありません。特に復帰前日は不安が最高潮に達すると思います。

しかし、実際職場復帰の日を迎えて、会社に行ってみるとその不安はだいぶ和らぐと思います。

それは、考え過ぎ、心配しすぎていることが多く、職場復帰してしまえば意外と何とかなることが多いからです。

まずは、恐れずに職場復帰をしてみることが大切です。

自分のペースでゆっくり慣れることが大切!職場復帰は怖くない

うつ病からの復職は、事前の準備と慣れが重要になります。復職を焦ってしまうと無理が募り、うつ病を再発する可能性が高くなってしまいます。

周りの目が気になるかもしれませんが、まずは再発を防ぎながら仕事に慣れることが大切です。無理をせず自分のペースで徐々に仕事に慣れていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る