優良企業とはどんな会社?知っておきたい優良企業の特徴!

優良企業とはどのような会社のことを言いうのでしょうか?就職や転職の際に優良企業で働きたいと思う方が多いと思います。

優良企業とは、継続性のある安定した会社で、財務状況が健全であり、なおかつ将来性があり市場に需要がある企業です。

そして長期的な安定があり、働きやすい企業のことを指します。が就職や転職をする際に気になるそんな優良企業について特徴などをご紹介します。


ホワイト企業と言われる優良企業とは?優良企業の3つの特徴

優良企業とは主に、

  • 財務業況が健全である
  • 市場に需要があり、長期的な安定がある将来性が見込みのある
  • 働きやすい企業

の3つが兼ね備えた企業のことを指します。

財務状況が健全である

会社の経営状況の良い会社は財務状況が良いということになります。財務状況は収益の安定が見込める可能性があるとも言えます。

財務状況が良くなければ企業の成長もありません。これは将来性として健全な運営ができているということにもなります。

市場に需要があり、長期的な安定がある将来性が見込みのある

市場に需要があるということは、商品がニーズに必要とされているとも読み取れます。そのために、圧倒的な技術力を持っていたり、継続的な成長を遂げているかが重要となってきます。

伸び率がそこまで高くなくても、毎年少しずつ伸ばしている企業などは、長期的な安定につながってきます。

働きやすい企業

働きやすい環境を会社側が取り組んでいることも重要です。どんなに業績が良くても、残業時間が多く、過労気味では意味がありません。優良企業と呼ばれる企業は、社員の働き方にも柔軟性があります。

例えば

  • リモートワーク
  • 時短
  • フレックス制

などです。

長期的に働きたいと考えてもらえるような制度を導入している企業も多くあります。そして、売上を社員に還元しようという意志を示している企業です。これは売上に対して臨時ボーナスを支給してくれることや、臨時休暇などの制度を採用している企業もあります。

ホワイト企業と言われる優良企業を見分ける主な3つのポイント!

優良企業を見分けるときに役立つ3つのポイントをご紹介します。

ポイント1 求人情報やIR、ニュースなどから情報を取得する

企業は求人やIRニュースなどさまざまな情報を公開しています。それぞれの情報から読み取れることがたくさんあります。

求人情報
求人情報には

  • 働き方
  • 企業理念やビジョン

などが掲載されています。企業がどのような理念やビジョンを持って社員の働きやすい環境も実現しているのか、それを有言実行しているのかなどを判断できる材料ともなります。

IR=InvestorRelations(投資家向けの広報活動)
投資家向けの広報活動から財務情報や経営状態などを資料で見ることができます。その資料は

  • 業務推移
  • 収益と従業員数
  • 財務状況

です。これを読み解けば、企業のホームページよりも情報が多いため、企業の状況が分かります。企業として健全な財務状況かどうかであったり、大きな投資をしているかなどさまざまな情報で見当がつけられます。

ニュース
ニュースには大きな力があります。技術力や商品を発信されることは、その企業のアピールにもなります。もちろん消費者に対しても安心感を与えたり、購買意欲を与えたりする手段でもあります。ニュースによっていろいろな広がりを期待することもできます。

優良企業は大企業だけじゃない!

優良企業は大企業だけではなく、中小企業の中にもたくさん存在します。

現代はベンチャー企業たる企業もたくさん存在します。上場しているから安心ということにはなりません。ベンチャー企業は専門に特化している企業もたくさん存在し、ニッチな分野にたけている企業も存在します。優良企業を見分けるには情報をしっかり収集する必要があります。

CSR企業ランキングから見る優良企業上位7社!

CSR(企業の社会的責任)調査を東洋経済新報社は2005年から毎年実施されています。
その評価の内容はポイントで数値化されています。その内容は、

  • 総合(600)
  • 人材活用(100)
  • 環境(100)
  • 企業統治+社会性(100)
  • 財務(300)

※(数字)はポイント数を表しています。

その中から2018年に発表された上位7社をご紹介します。

順位 社名 総合(600) 人材活用(100) 環境(100) 企業統治+社会性(100) 財務(300)
1位 NTTドコモ 570.1 96.9 93.2 98.8 281.2
2位 KDDI 569.0 94.8 95.9 98.8 279.5
3位 ブリヂストン 567.6 90.7 98.6 97.7 280.6
4位 コマツ 563.5 96.9 94.5 94.8 277.3
5位 花王 561.1 99.0 94.5 89.5 278.1
6位 富士フイルムホールディングス 558.3 92.8 97.3 92.4 275.8
7位 デンソー 555.8 86.6 98.6 93.6 277.0

ポイント数を見てみるとそれぞれの会社の特色が見えてきます。どの分野に力を入れているか、どんな取り組みを行い、結果を出しているかが分かります。

優良企業で働きたいときはその企業の情報を収集すること!

優良企業は大企業だけでなく中小企業にもたくさん存在します。一言で「優良企業」「ホワイト企業」と言ってもそれぞれの企業の特徴があります。

トータル的に条件が揃っていることが前提ですが、その中でも自分が求めている条件に合った企業で働きたいともいます。優良企業の見分け方を知っておくことで、入社後「なんだか違った」ということも回避できると思います。

この機会に一度優良企業をいろいろ検索してみることをお勧めします!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る